2014
10.09
20141009_1386447

【表紙・行き方】女もつらいわ コヤ次郎 かげろうの島【奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ 01】

TRIP, 奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ


おひけぇなすって!

生まれは越後、勤めは東京。
作って書いて説明して、制作を生業にしたケチな女でございます。

姓はコヤナギ、名はユウ。
人呼んでコヤナギユウと発しやす。

いいえ、「コヤ次郎」とでも呼んでおくんなせい。

フウテンの旅烏とはあっしのこと。
奄美大島のそっと寄り添う「加計呂麻島(かけろまじま)」へ行ってまいりました。

いやしかし驚いたねぇ。

海は青いかと思ったら、加計呂麻島の海と来たら、そうは問屋が降ろさない。

20141009_1386444

……えーと、そんなわけで!
2014年9月6日から13日までの7日間、鹿児島県は奄美群島ある「加計呂麻島(かけろまじま)」へ行ってきました!

この春から奄美空港はLCC(格安航空会社)のバニラエアが運航開始。
直通便で約2時間30分、最安値で4000円ほどで行けるようになりました!

加計呂麻島は奄美大島の南に位置する離島。

奄美大島にはすぐ着くけれど、フェリーに乗るための島の縦断はけっこうな大移動。
おまけにバスの乗り継ぎで待つ頃もざらなので、時間には余裕を持って。
島に来たら、焦らないのが楽しむコツだ。

加計呂麻島に行くことが決まっていれば、空港でバスの一日乗車券を買うとお得。

名瀬(なぜ)市街地でバスの乗り換えがあるので、バスの運転手さんにその旨を伝えておこう。
丁寧に教えてくれる。

目指すは古仁屋(こにや)港だ。
20141009_1386445

「かけろまじま」なんて個性的な島の名前の由来には諸説あるそうだけれど、
奄美大島に寄り添うようにある“影の島”→“かげろうの島”→“かけろま島”という説が、
なんかカッコいいなぁと思ってタイトルイラストにも使わせてもらいました。

なぜ寅さん風なのかというと、「男はつらいよ」シリーズの最終作で、
主人公・寅次郎演じる渥美清さんの遺作「男はつらいよ 寅次郎紅の花」(1995年)のロケ地であることから。

加計呂麻島内には寅さんの記念碑がある。
20141009_1386446

加計呂麻島の玄関口は2つ。
「瀬相(せそう)港」と「生間(いけんま)港」。

観光客も居るが、いわゆる観光地然とした場所ではないので、来島前に宿泊場所は必ず確保しておこう。

島の面積は77.39km2と以外と広いのだが、平地が少なくほとんどが山。
その間をぬうように人口1,401人(平成24年7月末現在)島人(シマッチュ)が30の小さな集落(シマ)で暮らしている。

交通の手段はローカルバスもあるが、レンタカーがオススメ。
入り組んだ海岸線と山道の連続なので、最高速度は40キロの超安全運転を心掛ければ、なかなか楽しい。

とまぁ、こんな感じで今回も加計呂麻島旅レポートを書いて行こうと思っているのですが、
今回は時間掛かります。

終わるの年明けると思う。

まだ今回の加計呂麻島旅の構成もまとまっていないけど、とりあえずイラスト書いちゃったから、表紙だけでも更新しておこうと思って。

ちなみに「女もつらいわ」の「わ」は、峰不二子的女言葉の「わ」ではなくて、地獄のミサワ的「わ」で発していただけますと幸いです。
20141009_1386447

「やー、つらいわー。仕事ほったらかして取材してるのマジつらいわー」

加計呂麻島で驚いたことは、海の色です。

透明度の高さや、サンゴやお魚のダンスにも驚いたけど、島の木々が映り込んで、何とも不思議な色合に。
「エメラルドグリーン」と呼んでしまうと、趣が足りないんです。
あの柔らかさ、なんといえば良いんだろう。

ええ、本当に、あの色を表す言葉があればねぇ。

トップ画像の素材写真をUP。
20141009_1386443
BLUE WATER ADVENTURE’S さんのヨットで透明度最高な海へ! スタンドアップパドルボート=SUPで疾走する私)

20141009_1386442
(徳浜で咲き乱れてた垣根)

20141009_1386448
海辺のさんぽ社さんの手引きによりシュノーケリング出来るようになった)

超マイペースな更新になりますが、『島に来たら、焦らないのが楽しむコツ』ですよ!

加計呂麻島のことを早く知りたいあなたへ、リンク集。
意外と充実してる加計呂麻島情報。

奄美観光なら加計呂麻島-かけろまじま | 女子旅におすすめの観光地
行政のまちづくり観光課によるサイト、分りやすい!

女子的リアル離島暮らし | 未来住まい方会議 by YADOKARI
今回私を呼んでくれた小説家・三谷晶子さんの連載。2013年1月より加計呂麻島に移住。

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ INDEX

Comments

comments


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。