「死なないための家」三鷹天命反転住宅でテレワーク

生きとし生けるものはやがて死ぬ。 そんな疑いようのない当たり前の「天命」をひっくり返そうとした現代芸術家がいた。荒川修作と詩人のマドリン・ギンスだ。 身体に及ぼす「心地よさ」を疑い、生命の可能性を磨き続け、やがて奇跡を見つけたヘレンケラーのように、天命さえひっく・・・...
READ MORE