2015
09.23
20150923_1826147

【武名】樹齢不明! 島で一番大きいガジュマルの巨木【奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ 16】

TRIP, 奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ


わたくし、過去の記憶を呼び起こし、さも昨日行ってきたくらいの勢いで旅ブログを書く、性は女、名はコヤナギユウ。
人呼んでフーテンのコヤと発します。
1年前の2014年9月7日から14日まで「奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ」と題しまして、小説家の三谷晶子姐さんをたずねてまいりました。山の奥かと思いきや、意外と行きやすいお手軽な秘境があったもんだよ。

20150923_1826145

「武名(たけな)」集落の近く、車を止めて小さな看板に導かれるとなんだか冒険の香りが。

20150923_1826151

鬱蒼とした緑に囲まれて、カケロマ一の巨木と言われるガジュマルに会うため、脚に力込めたころ、
「それだよ」って言われる。

え?
もうついたの?

右側の巨木かと思いきや、その少し先。
実はもう見えてる。

20150923_1826146

……これです!

もうう、なんだかでかくてよく分からない。
これ一本の木なの!?

と、お思いでしょうがその疑問はある意味あっている。

ガジュマルの木は別名「締め殺しの木」とも呼ばれ、枝から根を下ろし、近くの樹木に寄生して、最終的には「絞め殺してしまう」という何ともスローリーな殺し屋なのだ。

だから、こんなに大きく保てているのは、寄生した先を殺さなかったのか、そのあともたくましく育ったのか分からないけれど、なかなかここまで大きくなれないのです。

20150923_1826148

根元まで駆け上がって見上げてみた。
ガジュマル以外の植物も居るのか不明なほど絡み合っている。
自分に寄生してるのかもしれない。

20150923_1826149

葉っぱの種類が全部同じだから、やっぱり古い自分の幹に若い根を下ろして広がっているんだ。
ということは、ここに居た方が生き残れるって判断したってこと。
つまり、土が豊かなんだろうな。

巨木によくある神妙な仰々しさは不思議とあまり感じなかった。

たくましくてのびのびとした、明るい性格な気がした。

20150923_1826147

 

20150923_1826152

 

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ INDEX

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう 出雲縁結び旅 女ひとり草津温泉ぶらり旅 参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町 水と土の芸術祭2012 新潟 世界パンダ大使への道 Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島