2017
12.15
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土曜日ならグリーンマーケットも出店するユニオンスクエアのホリデーマーケット + 1999.06.29

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!, TRIP


クリスマスシーズンといえば、日本でも馴染みの出てきた「クリスマスマーケット」!

カナダでは有料の移動遊園地みたいだったり、チェコではちょっと広場あるとすぐに自慢のツリーを飾って立派なマーケットが建っていた。

ニューヨークでは人種・信仰の多様性に配慮して、「クリスマス」ではなく「ホリデー」と表現しているんだ。
だから、ここで行われているのもクリスマスマーケットではなくて「ホリデーマーケット」なんだって。

 

チェコほどではないけれど、ニューヨークでも公園という公園には全部ホリデーマーケットが建っていた。

 

ニューヨークのホリデーマーケットは子どものおもちゃを買い集める場所っていうよりか、プレゼントに喜ばれそうなものを探す雑貨屋さんの集まりって感じのところが多かった。

どちらかというと、観光客向けのお土産屋さんみたいだなぁ、と。あと混みすぎ!

ブライアントパークとかね。

 

そんななか、ニューヨーカーがホッとするために来てるなぁって感じがするのが、ユニオンスクエアのホリデーマーケット!

もう、最初にいっておくけれど全然いい写真は撮れてない。ごめんw

でもマーケットはいい感じだったんだよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

UnionSquare-1 UnionSquare-2 UnionSquare-3

 

ここのホリデーマーケットの看板をよくみると「アーバンスペース」の文字が。

グランドセントラル駅近くにあったオシャレなフードコートと同じところが主催してるんだね。

 

もちろん、もみの木やリースなどクリスマスアイテムも売っているんだけど、メインは雑貨やスパイス、お菓子など。

ユニオンスクエアのホリデーマーケットで良かったのが、雑貨がニューヨークで話題の作家やスタジオの作品だったこと。

 

 

UnionSquare-4

 

ブルックリンで有名な活版スタジオでは、素朴だけどスタイリッシュなメッセージカードが売っていたよ。

(今回の日本へのエアメールはここのものに決定)

 

そしてこっちも買おうかほんとに迷った〜。

ハンドメイドのモビール。

 

UnionSquare-5

 

真ん中で販売と説明、展示で右往左往しているお兄さんは詩人。

実は1本でひとつの詩になっているそう。

 

気に入った詩を持って帰ってもいいし、おにいさんがインスピレーションで詩を選んでくれるんだよ。

 

UnionSquare-6

 

そして!

ユニオンスクエアは土曜には毎週、産地直売の安心安全な食材の揃うグリーンマーケットも出店してる。

 

UnionSquare-7 UnionSquare-8

 

手作りのホットアップルサイダー美味しそう!

 

オシャレなホリデーマーケットのリースやさんもかわいいけど、農家のお母さんが作ったんだろうなっていう出店もいいよね。

 

UnionSquare-9 UnionSquare-10 UnionSquare-11

 

 

ホットアップルサイダーか、ホットワインが欲しくて、グリーンマーケットとホリデーマーケットを行ったり来たり。

もちろん、入場料なんてないから、迷いながらさんぽして、目の保養を楽しんで。

 

UnionSquare-12 UnionSquare-13 UnionSquare-14 UnionSquare-15

 

さんざん迷って、自家製ワインにシナモンがたくさん入ったホッとレッドワインをホリデーマーケットでget。

ベンチでゆっくりいただこう、って思ったら、視界の端にサササッとなにかが横切った。

 

UnionSquare-16

 

ハッピーホリディ、りす!

 

 

ユニオンスクエア / Union Square

14th-17th Street, (Broadway and Park)

ホリデーマーケットは

平日 11:00 – 20:00

土曜日 10:00- 20:00

日曜日 11:00-19:00

↓このINDEXはグレーのタイトルをクリックでたためるよ。

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS! INDEX

1999.06.29 さみしくなるよ

※この日記は21才の私が無謀渡米したときのアーカイブです。

 

 

すっかり日本にいる時くらいユースで寝ててもリラックス出来てしまうまでになった。
昨夜、スギッチーやコサカイさんが帰国してしまうから夜中まで話が盛り上がったのもあるけど。
ユース宿泊客の朝は早い。
っていうか、ふつう、観光客の朝は早いわな。かなり限られた時間だものね。
9時くらいに目が覚めたらもう、ほとんど誰もいなかった。
イマイチ寝起きが悪いのでぼーっとしていると影に蠢くジャイコが見える。
どうやらめちゃくちゃ多い荷物を整理している御様子だった。

昨日はちょっと話しにくかったが「早起きできない」という共通点で話し始める。
絵をかく、てな大きな共通点があるので画材や書き方、経緯など結構話すことが合った。

しかーし。どうでもいいがここは暑い。
しかもメシ喰ってないし。
ニューヨークはとにかく暑い。暑すぎる。なのにこのユースには冷房がない。
ジャイコがおいしくて店員がかっこいい店を知ってるので連れてってくれるとのこと。
おお。デリでしか食事を済ませたことがないのでうきうきする。
寝てる間にだくだくになった汗をシャワーで流す。
でも外に出たとたんまた、すぐに汗をかく。ひー。

ジャイコを表現するならば「最近のコ」って感じだ。(見た目が)
ドラムンベースを愛している。
化粧を愛している。
物凄く黒人が好きそうなのにイギリス系のシャープな白人が好きらしい。

ついたその場所はちょっとオシャレでハンバーガーやサラダを売りにしているカフェだった。
「高そうだわ」と、思ったらビンゴ。高い。
量が多いので料金に見合ってるんだろうけど、ハンバーガーとポテトに20ドルって。
だ、出せん。(笑)おまけにココ、チップも必要でしょう。

ユウ「ジャイコ、いっつもこういうところ来てんの?」
ジャイ「え?うん。なんで?」
ユウ「私、いつもデリだからさー。2.3ドルで済ますから。しかも朝からこんなに食えねーし。」
ジャイ「2.3ドルで食べれるんだ!」

バブリー、ジャイコ…(笑)
でも、普通の旅行者ならもっとランクの上のところに行ったりしてるんだろうな。
とにかく、初チップの必要なカフェでの食事を満喫する。

食事を終え、ポケットに入ってるライターに気がつかず
「友達が作ってくれたライターなくした!」とジャイコが好みの店員さんを巻き込んで一騒ぎし、
カフェを出る。

ジャイコはお散歩に行き、私は友達旅館(ユース)に戻る。
部屋は決まった。
明日引っ越す。
しかし。
だがしかし。
マジで金がないのです。

やばい。
ふとんも買わなきゃいけないし。
お金ないくせにまだ3ヶ月くらいいるし。バイトでもしないと。

紀伊国屋へ言って日系情報誌を2誌買う。
日系企業のバイト求人欄を見て、(お酒飲めないから)水商売以外片っ端から電話する。
めちゃくちゃ丁寧な日本語で話したのは良かったが正直に話しぎたのはまずかったかも。
そりゃそうだよね。
観光で来ておきながら「お金がなくなった」とか言ってるってコトだもんね。
なんと言う計画性のなさと思われるわな。
30件程電話しただろうか。
全滅でした。

ちくしょーー。

ブ-たれているとジャイコが帰って来た。
愛ちゃんが「ご飯食べる?」と夕飯の買い出しに誘ってくれた。
ジャイコと愛ちゃんと夕飯の買い出しに行き、愛ちゃんに夕食を作ってもらって食べる。

みんなで5階に移動する。
屋上メンバーだったフクダ君も明日日本に帰国するそうだ。
他のホテルに泊まっているフクダ君の友達(ギャル2人)も、いた。
ジャイコとフクダ君とギャル1チサコ、ギャル2ナツコ、テツ、私でわーきゃーやっとく。
フクダ君とフクダギャルは最後のクラブへこれから行くそうだ。
「朝、挨拶したいから5階で寝ててよ!」とフクダ君は言い残しクラブへ行った。
テツも寝て、ジャイコと2人。(愛ちゃんは5階での集まりがお好みではないらしい)

ジャイコが
「フクダ君も帰っちゃうし、ユウも引っ越しちゃうし、
淋しくなるな-。もー。淋しー。」
と、言いまくる。
「遊びにくればいいじゃん」
と言うと
「でも、淋しくなるよ」
と、言われた。
ニューヨークに来て、初めて言われて、
一緒に淋しくなったがそう言われたことが嬉しかった。

フクダ君のお別れを見守るため、
ジャイコは2階ベットの1階で、
私はジャイコと眠るまで喋るために向いのソファーに横になった。
やがて、気がつかない間に寝てしまった。

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町

水と土の芸術祭2012 新潟

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島