2017
12.24
CaféHabana-1200

真夜中は話題のカフェハバナに駆け込んでキューバ料理を + 1999.07.06

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!, TRIP


アパレルブランドの小さなホームパーティにお邪魔したあと、話題のカフェレストランに連れて行ってもらった。

2016年に日本にも出店したカフェハバナだ。

 

NYのローカルが愛するキューバ料理レストラン「カフェ ハバナ」がついに日本初上陸|ハーパーズ バザー

キューバメキシカンレストラン「カフェ ハバナ トウキョウ」が、代官山にオープン。セレブたちの好物という “グリルド コーン”などの看板メニューはもちろん、東京オリジナルメニューなど、本格テイストに舌鼓。


 

いま初めて日本のカフェハバナのサイトを見たけれど、メニューはかなり日本ナイズされているみたいで、全然違う!

わたしはこのとき、お店のことを知らなかったけれど、カフェハバナといえばやはりグリルドコーンとのこと!

これは日本店もNY店も変わらないけれど、まずコーンが違うよ。

 

CaféHabana-1

 

ヤングコーンより少し大きくなったけれど、まだまだ茎も食べられる柔らかなトウモロコシに、コクの深い特製マヨネーズをディップし、粉チーズとチリパウダーを振りかけて焼いてある、シンプルなお料理だ。

 

南国キューバの料理と言うことだけあって、さっぱり!

コヤナギは、マヨネーズがあんまり得意じゃないけど、それでも美味したっかよ。

 

あとはアボカドソースのバーガーをオーダー。

連日の寒さも相まって、ちょっと生野菜不足だったから、付け合わせの山盛りサラダがなんか有り難かった。

 

CaféHabana-2

 

お腹は満腹になったけれど、これもぜひ食べて欲しい。

シンプルな〝フラン(Flan)〟と呼ばれるカスタードプリン。

 

CaféHabana-3

 

もう、ほんと見たまんまの、素朴な素朴なお母さんの味。

カフェハバナはセレブに人気な有名店らしいんだけど、このフランを食べると、セレブ全体の好感度がアップする美味しさだったよ。

 

CaféHabana-4

 

カフェハバナ / Café Habana

17 Prince Street at Elizabet

h Street New York

OPEN 9:00 – midnight

http://www.habanaoutpost.com/locations/location/cafe-habana

↓ちなみにこちらが日本版カフェハバナのサイトなんだけど、たいぶ日本ナイズされていることが分かる。

Cafehabana.jp

↓このINDEXはグレーのタイトルをクリックでたためるよ。

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS! INDEX
01

なんでニューヨークなの? 「冬のニューヨーク6日間」SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS!

今日からニューヨーク行ってきます! (しかし上のメインビジュアルはカナダ・バンクーバーのガスタウンです。冬のニ […]
49 comments
01

DAY1:ついたよ、冬のニューヨーク。SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS!

2015年12月4日から10日まで、「SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS!」と題して冬 […]
14 comments
01

ニューヨークの移動に便利だったおすすめアプリ!

  2015年12月4日から10日まで、「SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS […]
13 comments
15

ニューヨークで朝ご飯ならエッサベーグルは外せない

  朝。 マンハッタンでの宿「OYADO 28st」を出発し、 (↑出発地点) 朝ご飯を目指します。 […]
9 comments
50

小さいけれど大満足! グルテンフリーの1ドル親指カップケーキ

タイムズスクエアでちょっと気になるお店を発見。 なになにグルテンフリーのカップケーキとな? っていうか……ちっ […]
12 comments
47

ニューヨークをすいすい進めるファストパス「NEW YORK CITY PASS」のススメ

  タイムズスクエアの混沌の中なので見失いがちだけれど、目的の「魔法のチケット」入手しました! さっ […]
19 comments
25

ホリデーマーケットに彩られるブライアントパークとニューヨーク市立図書館

(↑マップ上では微々たる移動ですが、30分くらいは歩きました) 到着です。 ブライアント・パーク! クリスマス […]
10 comments
40

グランドセントラル駅近くで見つけたおしゃれなフードコート「アーバンスペース・ヴァンダービルト」

グランドセントラル駅近くで見つけたおしゃれなフードコートを発見! お腹はすいていないけれど、ちょっと疲れてしま […]
14 comments
P1010111

ホリデーシーズンに彩られたニューヨーク5番街とマディソンアベニュー!

(↑5番街とは「5th Avenue(フィフス・アベニュー)」のことだけど、だいたい42~33Streetくら […]
12 comments
PC070160

安心安全になったけど、わくわく感は変わらないニューヨークの地下鉄

ニューヨークの街が安全になったんだなぁとつくづく思うのは、地下鉄に乗るとき。 まず、利用者が多い! 42ストリ […]
10 comments
45

光の洪水! タイムズスクエアが昼も夜もまぶしすぎる

(↑タイムズスクエアはこのへんにある) バーン! もう、何もかもギラッギラ。 昔からまぶしい場所だけど、LED […]
9 comments
01

ニューヨークのファッション専門学校で、スザンヌバーチのエキシビジョンを見てきた!

2015年12月4日から10日まで、「SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS!」と題して冬 […]
0 comments
42

冬の夕暮れに染まるチェルシーをフォト散歩

12月のニューヨークの日没は16時30分と早いのだ。 北米だね。     一日がもう終わっ […]
10 comments
57

廃線を利用した公園「ハイライン」は冬の夜でも美しかった

チェルシーを横断してきたら、廃線を利用した公園「ハイライン」に到着。 10年前にはまだなかった、行ってみたかっ […]
9 comments
60

ミートパッキングエリアにある大注目の築200年フードコート「ガンズボートマーケット」

グリニッチ・ビレッジへ。 少し小腹が空いたなーと思ったら、魅力的なフードコートを発見。   &nbs […]
8 comments
77

イーストビレッジのローカルなピザ屋でサクッとディナー……しかしアレがない!

なんとかサユリちゃんと合流して、夜の予定へ、そう、今夜の予定は、わたしが熱望してたやつ!!!! の、まえにピザ […]
11 comments
IMG_8597

ニューヨークのレンタサイクル「シティ・バイク」を借りて乗ったよ!

  マンハッタンは歩くのが楽しい。 でも、足が疲れた! 移動も電車で行くにも乗り換えにくい場所だって […]
0 comments
83

ソーホーやイーストビレッジでトイレ難民!? そんなときはオシャレなカフェへ

ネイバーフッドなお店もステキだけど、あんまりディープすぎると飲食店でもお手洗いがないことも。 そんなときは「オ […]
10 comments
88

疲れて英語が出てこない時も、Uberなら安心だった

でもわたしもサユリちゃんも朝から全速力でつかれちゃった。 次の目的地はタイムズスクエア、微妙に地下鉄だと乗り換 […]
16 comments
99

美しすぎるラインダンス!「クリスマススペクタキュラー」を観てきた……たぶん

  ラジオシティミュージックホール! ここで毎年クリスマスに行われる「クリスマススペクタキュラー」が […]
36 comments
IMG_8615

サンデーモーニングはハーレムの協会でゴスペルを聴こう!

この日は日曜日。 行きたいところがある。   グランドセントラルでSラインに乗る。   到 […]
8 comments
IMG_8618

ハーレムはインスタ映えするフォトジェニックエリアだった

ハーレムで一般参加可能なゴスペルを見学させてもらったあと、そのまま散歩。 「ハーレム」というと、貧しい人が多く […]
0 comments
P1010040

ニューヨークシティパスでメトロポリタン美術館の行列もお得に回避!

ニューヨークに来たなら定番の観光地はいくつかある。 けれどそれは、誰にとってもマストなので、当然ながら混んでい […]
14 comments
P1010050

セントラルパークの歩き方

ニューヨークで撮影された映画やドラマはたくさんあるけれど、セントラルパークで撮られた映画もたくさんある。 セッ […]
8 comments
IMG_8634

フライングシーズンが逆にお得? 賛美歌のリハーサルに遭遇してゆったり鑑賞

ホリデーシーズンのニューヨークは、渡航・宿泊費ともに跳ね上がる。 ただ、この「ホリデーシーズン」はクリスマス前 […]
10 comments
PC070177

暮らすように泊まれるニューヨークの宿「Five fifty fifty 貸切サブレットルーム」

古い友だちがとってもステキな宿を開いた。 実は、今回ニューヨークに行こうと思う、大きなきっかけになった。 &n […]
16,982 comments
P1010163

ニューヨークもスーパーマーケットがおもしろい! 「Urban Market」に行ってきた

実は、どこよりも地元色が出ているのは、地元住民が使うスーパーマーケットだと思う。 そこに暮らしている人が、毎日 […]
10 comments
P1010234

ブルックリンのグラフィティを独り占め。ネイバーフッド感あふれる「ベッドフォードアベニュー」

ブルックリンといえば、もう誰しも知れた「ニューヨークのオシャレな地域」だけれど、じつはそれ、「ダンボ」って呼ば […]
18 comments
P1010250

ブルックリンの丁寧でかわいいパン屋さん「BAKERI(バケリ)」

2015年12月上旬。 クリスマスの足音が聞こえてきたころ、わたし(コヤナギユウ)は、旅ガールの石井サユリちゃ […]
9 comments
P1010302

南部アメリカ料理「ワッフルチキン」をニューヨーク流に! パイズンタイズ(Pies’n’Tights)

「ワッフルチキン」って知ってる? その名の通り、ワッフルの上にフライドチキンが乗っかって、上からハチミツやメー […]
25 comments
P1010309

ウィリアムズバーグからダンボまでは歩けません!? ブルックリンは広かった

    ウィリアムズバーグで昼食を済ませたあと、夕焼けをブルックリン橋で眺めたい、というこ […]
19 comments
P1010321

夕焼けのブルックリンブリッジを歩いて渡ったよ

……ない! 3時間近くウィリアムズバーグからダンボまで歩いて、やっとブルックリン橋に到着したのに、あれがない! […]
13 comments
http://www.sleepnomore.com/

白い仮面を付けた観客がビルを移動して観劇するミュージカル「スリープ・ノー・モア/Sleep No More」行ってきたよ!

    New Yorkと言えばエンターテイメントの街! 王道の「美女と野獣」とか、「オペ […]
21 comments
longisland-1200

マンハッタンの夜景が1番よく見える、対岸のベッドタウン・ロングアイランドシティ(LONG ISLAND)

年に何度か、海外旅行をするのにお得な季節ってある。 そのひとつが、いま。12月の上旬。 冬休み直前で航空券が安 […]
3 comments
CHERRSEEmarket-1200

サクッとニューヨークの流行が分かるチェルシーマーケット

ニューヨークはコンパクトな大都会! いつも最先端は流動的で、人気のレストランは行列必至だし、隠れ家的ブティック […]
4 comments
LibertyIsland-1200

自由な女の戦う背中 —王道の観光地、自由の女神をフェリーで見に行く+1999.06.22

強い心で2015年12月上旬に行ったニューヨーク日記を書き始めています。 場所ごとに分けて投稿していたから、記 […]
3 comments
groundZero-1200

9.11メモリアル、グラウンド・ゼロ +1999.06.23

2017年のうちに2015年のNY日記を終わらせようとしてるコヤナギユウです。 巻末には1999年のNY日記も […]
3 comments
TRIBECA-1200

気取ったマンハッタンの中で「暮らしが近い」けどオシャレなエリア・トライベッカ + 1999.06.24

お役所まわりが固まるニューヨークのダウンタウン(マンハッタンでいう「ダウンタウン」は繁華街って意味じゃなくてマ […]
1 comment
SixthAvenue-1200

ホリデーシーズンなら見逃せない! 六番街の巨大オーナメント + 1999.06.25

12月の上旬はホリデームードなのに航空券が安い、という理由で2015年の記事を今頃蔵出ししてるのだし、ホリデー […]
0 comments
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5番街でひときわ目を引くセント・パトリック教会 + 1999.06.26

デパートやブランドが軒を連ねるニューヨークの5番街を歩いていると、ひときわ目を引く大きな教会がある。 セント・ […]
2 comments
Midtown-1200

朝のミッドタウンはニューヨークを感じられるオフィス街。ベンダーでコーヒーを。 + 1999.06.27

ニューヨークのどんなところが好きですか?   5番街の華やかなショッピング街? のびのびとしたセント […]
5 comments
EmpireStateBuilding-1200

マンハッタンを見下ろせる王者の視点エンパイアー・ステート・ビル + 1999.06.28

わたしがニューヨークを訪れるのは4回目。   初めては1999年6月に無謀な3ヶ月の移住をしに、 2 […]
1 comment
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土曜日ならグリーンマーケットも出店するユニオンスクエアのホリデーマーケット + 1999.06.29

クリスマスシーズンといえば、日本でも馴染みの出てきた「クリスマスマーケット」! カナダでは有料の移動遊園地みた […]
0 comments
EastVillage-1200

ニューヨークの原宿と呼ばれたイーストビレッジとアルファベットアベニュー + 1999.06.30

  まだ「ニューヨーク」といえばマンハッタンしか指さなかった頃、成功を夢見るお金のない若者が集まる場 […]
0 comments
Rockefeller-1200

ニューヨークのクリスマスといえばやっぱりロックフェラーのアイスリンク! + 1999.07.01

  ニューヨークのクリスマスといえば! やっぱり! あの金色全裸のやつ!     […]
0 comments
Katzs-1200-2

地元民から観光客までひしめき合うカッツデリカテッセンであえてのハンバーガー! + 1999.07.02

マンハッタンの道は覚えやすい。 縦に走っている道はアベニューで、横に走っている道はストリート。 アベニューなら […]
0 comments
Chelsea-1200

とにかく気軽に入っちゃえ! チェルシーでギャラリー巡り! + 1999.07.03

「ニューヨークでギャラリー巡り」って憧れるけど、MoMAやメトロポリタン美術館のような大きな場所じゃない場所っ […]
0 comments
party-1200

小さなアパレルブランドのアットホームなレセプションパーティ + 1999.07.04

これは誰でも、いつでも行けるものではないので、紹介記事とはちょっと違うんだけど、こんなニューヨークもあるんだな […]
0 comments
CaféHabana-1200

真夜中は話題のカフェハバナに駆け込んでキューバ料理を + 1999.07.06

アパレルブランドの小さなホームパーティにお邪魔したあと、話題のカフェレストランに連れて行ってもらった。 201 […]
0 comments
MoMA_PS1-1200

現代美術好きならぜひ行きたいもう一つのMoMA、PS1 + 1999.07.07

絵は描くけれど習ったことはなく、ずっとモグリの絵描き(それをいったらデザインもライターもモグリなんだけど)だっ […]
0 comments
NY-omiyage-1206

ニューヨークのホリデームードいっぱいなお土産たち! + 1999.07.08

さて、2年越しの投稿でなが〜く続いた2015年のニューヨーク日記投稿。 もう、観光スポット紹介と行った記事はす […]
0 comments
Diner-3

〝私はダイナーとダイナーの狭間で生きている。旅をしているのだ〟 + 1999.07.09

  わたしが降り立ったことがあるアメリカはニューヨークだけなので、ニューヨークに来たら必ず行くところ […]
0 comments
EmpireStateBuilding-12

ハッピーホリデイズ、ニューヨークと東京! 打ち上げにイベントしたよ。 + 1999.07.12

  滞在中お世話になった部屋に別れを告げて、いよいよ帰路へ。   ホリデーシーズンのニュー […]
0 comments

 

1999.07.06 道ばたで出会った2人の黒人の「親切」

※この日記は21才の私が無謀渡米したときのアーカイブです。

 

 

5日のことが良くわからない。
ペイントアシスタントに行ったような行かなかったような。

スケジュール帳の7/5の欄には
「ペイントアシスタント3日目 100F≒42C 暑死。 牛乳まずい」
と描いてあるので行ったような気もするが、隣に矢印で「サボる」とも書いてあるので良くわからない。
「牛乳まずい」はファットフリー(脂肪分0)の牛乳を「無調整牛乳」だと思って「アメリカの牛乳って薄いんだ。まずい」と勘違いしたことはおぼえている。

5日のことは良くわからないが、とにかく6日(今日)はサボった。
そしてもう2度と行かないと誓った。
ひとりで。

先日、路上で100ドル稼いだ分のお金がまだあまっていた。
今までふとんがなかったのでアーリーから借りたラグを敷いて、あまった部分のラグをハラにかけて寝ていた。
さすがに起きると首やらからだやらそこかしこが痛い。
遅かれ早かれふとんを買う必要があるし、今日買ってしまえと、ハウストンストリートへ行く。
前にMさんとふとんを下見に行った店に行くためだ。

店内にはマットレスやらクッションやら、カーテンやらなんやら、置いてある。
ディスプレイなのか備品なのか良くわからない。

「敷きふとん」というと綿のたくさんつまった厚さは精々5センチ程度の物を思い浮かべるだろう。
そして「シングルサイズ」といえばちょうど畳一帖分程の物がシングルと呼ばれるのだろう。

しかしアメリカの「FUTON」はちょっと、いや、大分ちがう。

厚さは10センチ程はある。
おまけに「シングルサイズ」は日本のセミダブルくらいはあるんじゃないだろうか。
とにかくでけぇ。
そしてこれが重い。
一番安くて小さいFUTONだと言うのに。

色は白と黒の2色あり、黒を選んだ。
しめて48ドル程。
こんなにでけぇのだからもちろん郵送してくれるだろうと住所を言うと「もって帰れ」と言われる。
とても持っていけないと言うと肩に担いでみせて、「こうすれば持てる」と教えてもらう。

このふとん屋から自宅までは7ブロック。

自慢じゃないけど、私は非力だ。
肩にまでふとんが持ち上がらない。

なんとか消化器の上にふとんを置いて肩まで持ち上げることができてもバランスはとれないわ、重くて腰が痛いわ。
ほとんど引き摺るようにしてアベニューAまで辿り着いた頃にはふとんを包んでいるビニールは破れまくっていて持つところがない。
疲労困ぱいしてると黒人の男の人がかなり哀れそうな顔をしてこちらを見ながら通り過ぎてゆく。
私と進行方向が同じだ。
私を通り過ぎて3メートル程彼が進んでいくと突然止まり、
俯きがちに首をふると私のところにやってきた。

「どこに行くんだ?」

4ストリートだと言うと、なんと彼はそこまで持っていってくれると言った。

軽々と肩にふとんを担いだかと思うと歩き始める。
ただの通りすがりなのになんてすばらしいひとなんだ。
「サンキュウ」以上の感謝をあらわす言葉を知らないのが情けなくなった。

やがて4ストリートに着き「気をつけろよ」と彼が言うとふとんを置いて去っていった。
せめてもと思い、目一杯感情をこめて「サンキュウ」といい、彼を見送った。

さぁ、後は半ブロックでうちだ。
横断歩道を渡ってあと10メートルと言ったところか。
破けたビニールをたくしあげなんとか横断歩道は渡ったものの、この10メートルが、遠い。

非力な自分に泣きそうになりながら頑張っていると、いつもこの通りでたむろしてる黒人のひとりが近付いてきた。
彼はどうやら日本人好きらしく、私を見るといつも投げキスを投げてくるので恐かった。
おそらく私と他の日本人の区別はつかなのに。
「困ってるのか?手伝ってやろうか?」と言うとふとんを持ってくれた。
きっと日本人の中でも「私」の識別は出来ていないだろうから(なぜなら私は他のたむろしている黒人と彼の識別ができないから)好意に甘えようと思った。

「おれの名前はマソだ。いつでも困ったことが会ったら“マソー、助けてー”って言うんだぞ。あんたの名前は?」「ユウ」と答えるとアパートの前についた。

サンキュウと言うと「部屋まで持て言ってやるよ」とふとんを下ろそうとしない。
困った。

とりあえず部屋の前につく。
するとようやくふとんを下ろしてくれた。

しかし、部屋のカギをあけるのを待ている。
困った。

「これは私の家ではないので入れてあげられない」
というといきなり抱きついてきて首筋にキスをしてきた!
キャー!
「私は日本人だから!(ハグやフレンチキスの習慣はないのよ)」と言って突き放す。

この台詞は良く使ったが、本当にハグとか挨拶のキスは苦手だ。
このできごとは短いニューヨーク生活の中で恐ろしい体験のうちの一つとなる。(笑)

彼が帰るまで部屋のカギを開けないぞ(開けるところを見せないぞ)と言う気迫で彼に愛想笑いをする。(他に表現の仕方がわからなかった)なんとか分かってくれたみたいで意外にもマソは帰っていった。「困った時は言うんだぞ。おれの名はマソだ」と言い残して。

しかしこの時愛想笑いは厳禁だったと後で知る。

とにかく、マソがちゃんと出ていって、2重扉の最後を扉を閉める音を聞き、部屋のカギを開け、自分の部屋にふとんを突っ込む。
まっ先に洗面台に行き、顔と首を洗う。

ふとんの感触に惚れ惚れしていると、まだ日は高いのに寝てしまった。

Comments

comments


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。