2016
06.05
http://www.sleepnomore.com/

白い仮面を付けた観客がビルを移動して観劇するミュージカル「スリープ・ノー・モア/Sleep No More」行ってきたよ!

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!, TRIP


 

 

New Yorkと言えばエンターテイメントの街!

王道の「美女と野獣」とか、「オペラ座の怪人」とかも最高! でも「ライオンキング」や「フエルサブルータ」は日本で見たし、せっかくニューヨークまで来たのだから、日本じゃ見られないものが見てみたい。

しかも実験的で大規模な新しいもの。でも、たくさんありすぎて、詳しくないし、何を見ていいか分からなかった。

餅は餅屋に……ということで、脚本家の友人に聞いたところ、おもしろそうなミュージカルを発見。

 

それは、元ホテルだった廃墟全体が劇場で、観客が歩きながら見て回るというもの。

どういうこと?

歩くホーンテッドマンションみたいなこと?

 

チケットは希少で激安のTKTSなどでは扱いがないので、オフィシャルサイトでなんとか購入。

 

Sleep No More

 

一番遅い20時30分の回を予約。

現地に着くと、劇場のような華やかな建物はない。倉庫のような入り口にドアマンがひとり立っていて「スリープノーモア?」と聞くとドアを開けてくれた。

IMG_8674

予約番号を告げて入場する。劇場内を動き回るスタイルだから、貴重品以外の荷物は全部預け、最上階のバーラウンジに通された。

 

アンティークなホテルの小さなラウンジで、バーカウンターと小さなステージがある。

劇場の特性ショットをオーダーして、結構キツいアルコールにクラリ。タキシードに身を包んだビッグバンドがライブを始めると、トランプが配られる。

配られたトランプの絵柄と番号に分けて順番に呼び出されていく。

IMG_8676

楽屋袖といったベルベッドのカーテンの裏に集められると、白い仮面が手渡された。

これをかぶり、わたしたちは「アノニマス(見えざるもの)」になるという。エレベーターを降りると「さあ、行って」と促され、見て回る順番もない。本当自由にうろうろできるのだ。突然の暗闇に目が慣れず、壁伝いで歩くと、最初に見えてきたのは泥酔したバーテンダーだった。

 

時代は19世紀初頭という感じ。乱暴な様子で新聞をたたきつけ、酒瓶やグラスを使ってフレアをし、酒をあおる。ふと止まってなにかを思い出しては、悲しい表情を浮かべてみたり。

 

「観劇」より「目撃」のほうがぴったりくるくらい、目の前でヒミツが解き明かされていく。

フロアに置いてある小道具は自由に触って見てもいいし、小ネタもいっぱい仕掛けてある。

気になった登場人物がいれば、その人の後を追いかけてその後を見守ることも出来る。アクロバティックで激しいダンスが目の前で繰り広げられ、全裸を含む肉体美が激しくぶつかりあう。

 

ストーリーはシェイクスピアの「マクベス」をベースにしているようだけど、ぶっちゃけお話しなんて分からなくて構わない。役者達の激しい本気の演技をこんなに間近で目撃出来るところはこの世にないと思う。どうせ一度の観劇では全シーンには立ち会えないのだ。そのせいかリピーターが多く、明らかに鑑賞の動きが違うプロの「アノニマス」もいるから、それも楽しいよ。

 

全体的にテンションは暗めでホラーサスペンス要素盛りだくさんだけれど、これは体感してよかった。

 

最後にクライマックスを目撃すると、気がつけば最初のラウンジへ。

歌手が唱っている。

IMG_8678

どうやら飲み過ぎて眠っていたらしい。

いや、まったくひどい夢だった。

夜はこれからだろ、眠るのはもうこりごりさ。

そんなふうにつぶやきたくなる。

 

そうそう、アノニマスの仮面はもちろん持って帰れるよ。

あのトランプのカードもね。

 

……そうか、どうやら夢じゃなかったみたいだ。

 

IMG_8683

Sleep No More

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS! INDEX
01

なんでニューヨークなの? 「冬のニューヨーク6日間」SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS!

今日からニューヨーク行ってきます! (しかし上のメインビジュアルはカナダ・バンクーバーのガスタウンです。冬のニ […]
49 comments
01

DAY1:ついたよ、冬のニューヨーク。SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS!

2015年12月4日から10日まで、「SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS!」と題して冬 […]
14 comments
01

ニューヨークの移動に便利だったおすすめアプリ!

  2015年12月4日から10日まで、「SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS […]
13 comments
15

ニューヨークで朝ご飯ならエッサベーグルは外せない

  朝。 マンハッタンでの宿「OYADO 28st」を出発し、 (↑出発地点) 朝ご飯を目指します。 […]
9 comments
50

小さいけれど大満足! グルテンフリーの1ドル親指カップケーキ

タイムズスクエアでちょっと気になるお店を発見。 なになにグルテンフリーのカップケーキとな? っていうか……ちっ […]
12 comments
47

ニューヨークをすいすい進めるファストパス「NEW YORK CITY PASS」のススメ

  タイムズスクエアの混沌の中なので見失いがちだけれど、目的の「魔法のチケット」入手しました! さっ […]
19 comments
25

ホリデーマーケットに彩られるブライアントパークとニューヨーク市立図書館

(↑マップ上では微々たる移動ですが、30分くらいは歩きました) 到着です。 ブライアント・パーク! クリスマス […]
10 comments
40

グランドセントラル駅近くで見つけたおしゃれなフードコート「アーバンスペース・ヴァンダービルト」

グランドセントラル駅近くで見つけたおしゃれなフードコートを発見! お腹はすいていないけれど、ちょっと疲れてしま […]
14 comments
P1010111

ホリデーシーズンに彩られたニューヨーク5番街とマディソンアベニュー!

(↑5番街とは「5th Avenue(フィフス・アベニュー)」のことだけど、だいたい42~33Streetくら […]
12 comments
PC070160

安心安全になったけど、わくわく感は変わらないニューヨークの地下鉄

ニューヨークの街が安全になったんだなぁとつくづく思うのは、地下鉄に乗るとき。 まず、利用者が多い! 42ストリ […]
10 comments
45

光の洪水! タイムズスクエアが昼も夜もまぶしすぎる

(↑タイムズスクエアはこのへんにある) バーン! もう、何もかもギラッギラ。 昔からまぶしい場所だけど、LED […]
9 comments
01

ニューヨークのファッション専門学校で、スザンヌバーチのエキシビジョンを見てきた!

2015年12月4日から10日まで、「SIX DAYS NEW YORK in HOLIDAYS!」と題して冬 […]
0 comments
42

冬の夕暮れに染まるチェルシーをフォト散歩

12月のニューヨークの日没は16時30分と早いのだ。 北米だね。     一日がもう終わっ […]
10 comments
57

廃線を利用した公園「ハイライン」は冬の夜でも美しかった

チェルシーを横断してきたら、廃線を利用した公園「ハイライン」に到着。 10年前にはまだなかった、行ってみたかっ […]
9 comments
60

ミートパッキングエリアにある大注目の築200年フードコート「ガンズボートマーケット」

グリニッチ・ビレッジへ。 少し小腹が空いたなーと思ったら、魅力的なフードコートを発見。   &nbs […]
8 comments
77

イーストビレッジのローカルなピザ屋でサクッとディナー……しかしアレがない!

なんとかサユリちゃんと合流して、夜の予定へ、そう、今夜の予定は、わたしが熱望してたやつ!!!! の、まえにピザ […]
11 comments
IMG_8597

ニューヨークのレンタサイクル「シティ・バイク」を借りて乗ったよ!

  マンハッタンは歩くのが楽しい。 でも、足が疲れた! 移動も電車で行くにも乗り換えにくい場所だって […]
0 comments
83

ソーホーやイーストビレッジでトイレ難民!? そんなときはオシャレなカフェへ

ネイバーフッドなお店もステキだけど、あんまりディープすぎると飲食店でもお手洗いがないことも。 そんなときは「オ […]
10 comments
88

疲れて英語が出てこない時も、Uberなら安心だった

でもわたしもサユリちゃんも朝から全速力でつかれちゃった。 次の目的地はタイムズスクエア、微妙に地下鉄だと乗り換 […]
16 comments
99

美しすぎるラインダンス!「クリスマススペクタキュラー」を観てきた……たぶん

  ラジオシティミュージックホール! ここで毎年クリスマスに行われる「クリスマススペクタキュラー」が […]
36 comments
IMG_8615

サンデーモーニングはハーレムの協会でゴスペルを聴こう!

この日は日曜日。 行きたいところがある。   グランドセントラルでSラインに乗る。   到 […]
8 comments
IMG_8618

ハーレムはインスタ映えするフォトジェニックエリアだった

ハーレムで一般参加可能なゴスペルを見学させてもらったあと、そのまま散歩。 「ハーレム」というと、貧しい人が多く […]
0 comments
P1010040

ニューヨークシティパスでメトロポリタン美術館の行列もお得に回避!

ニューヨークに来たなら定番の観光地はいくつかある。 けれどそれは、誰にとってもマストなので、当然ながら混んでい […]
8 comments
P1010050

セントラルパークの歩き方

ニューヨークで撮影された映画やドラマはたくさんあるけれど、セントラルパークで撮られた映画もたくさんある。 セッ […]
8 comments
IMG_8634

フライングシーズンが逆にお得? 賛美歌のリハーサルに遭遇してゆったり鑑賞

ホリデーシーズンのニューヨークは、渡航・宿泊費ともに跳ね上がる。 ただ、この「ホリデーシーズン」はクリスマス前 […]
10 comments
PC070177

暮らすように泊まれるニューヨークの宿「Five fifty fifty 貸切サブレットルーム」

古い友だちがとってもステキな宿を開いた。 実は、今回ニューヨークに行こうと思う、大きなきっかけになった。 &n […]
16,816 comments
P1010163

ニューヨークもスーパーマーケットがおもしろい! 「Urban Market」に行ってきた

実は、どこよりも地元色が出ているのは、地元住民が使うスーパーマーケットだと思う。 そこに暮らしている人が、毎日 […]
10 comments
P1010234

ブルックリンのグラフィティを独り占め。ネイバーフッド感あふれる「ベッドフォードアベニュー」

ブルックリンといえば、もう誰しも知れた「ニューヨークのオシャレな地域」だけれど、じつはそれ、「ダンボ」って呼ば […]
18 comments
P1010250

ブルックリンの丁寧でかわいいパン屋さん「BAKERI(バケリ)」

2015年12月上旬。 クリスマスの足音が聞こえてきたころ、わたし(コヤナギユウ)は、旅ガールの石井サユリちゃ […]
9 comments
P1010302

南部アメリカ料理「ワッフルチキン」をニューヨーク流に! パイズンタイズ(Pies’n’Tights)

「ワッフルチキン」って知ってる? その名の通り、ワッフルの上にフライドチキンが乗っかって、上からハチミツやメー […]
25 comments
P1010309

ウィリアムズバーグからダンボまでは歩けません!? ブルックリンは広かった

    ウィリアムズバーグで昼食を済ませたあと、夕焼けをブルックリン橋で眺めたい、というこ […]
19 comments
P1010321

夕焼けのブルックリンブリッジを歩いて渡ったよ

……ない! 3時間近くウィリアムズバーグからダンボまで歩いて、やっとブルックリン橋に到着したのに、あれがない! […]
13 comments
http://www.sleepnomore.com/

白い仮面を付けた観客がビルを移動して観劇するミュージカル「スリープ・ノー・モア/Sleep No More」行ってきたよ!

    New Yorkと言えばエンターテイメントの街! 王道の「美女と野獣」とか、「オペ […]
21 comments
longisland-1200

マンハッタンの夜景が1番よく見える、対岸のベッドタウン・ロングアイランドシティ(LONG ISLAND)

年に何度か、海外旅行をするのにお得な季節ってある。 そのひとつが、いま。12月の上旬。 冬休み直前で航空券が安 […]
3 comments
CHERRSEEmarket-1200

サクッとニューヨークの流行が分かるチェルシーマーケット

ニューヨークはコンパクトな大都会! いつも最先端は流動的で、人気のレストランは行列必至だし、隠れ家的ブティック […]
4 comments
LibertyIsland-1200

自由な女の戦う背中 —王道の観光地、自由の女神をフェリーで見に行く+1999.06.22

強い心で2015年12月上旬に行ったニューヨーク日記を書き始めています。 場所ごとに分けて投稿していたから、記 […]
3 comments
groundZero-1200

9.11メモリアル、グラウンド・ゼロ +1999.06.23

2017年のうちに2015年のNY日記を終わらせようとしてるコヤナギユウです。 巻末には1999年のNY日記も […]
3 comments
TRIBECA-1200

気取ったマンハッタンの中で「暮らしが近い」けどオシャレなエリア・トライベッカ + 1999.06.24

お役所まわりが固まるニューヨークのダウンタウン(マンハッタンでいう「ダウンタウン」は繁華街って意味じゃなくてマ […]
1 comment
SixthAvenue-1200

ホリデーシーズンなら見逃せない! 六番街の巨大オーナメント + 1999.06.25

12月の上旬はホリデームードなのに航空券が安い、という理由で2015年の記事を今頃蔵出ししてるのだし、ホリデー […]
0 comments
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5番街でひときわ目を引くセント・パトリック教会 + 1999.06.26

デパートやブランドが軒を連ねるニューヨークの5番街を歩いていると、ひときわ目を引く大きな教会がある。 セント・ […]
2 comments
Midtown-1200

朝のミッドタウンはニューヨークを感じられるオフィス街。ベンダーでコーヒーを。 + 1999.06.27

ニューヨークのどんなところが好きですか?   5番街の華やかなショッピング街? のびのびとしたセント […]
3 comments
EmpireStateBuilding-1200

マンハッタンを見下ろせる王者の視点エンパイアー・ステート・ビル + 1999.06.28

わたしがニューヨークを訪れるのは4回目。   初めては1999年6月に無謀な3ヶ月の移住をしに、 2 […]
1 comment
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土曜日ならグリーンマーケットも出店するユニオンスクエアのホリデーマーケット + 1999.06.29

クリスマスシーズンといえば、日本でも馴染みの出てきた「クリスマスマーケット」! カナダでは有料の移動遊園地みた […]
0 comments
EastVillage-1200

ニューヨークの原宿と呼ばれたイーストビレッジとアルファベットアベニュー + 1999.06.30

  まだ「ニューヨーク」といえばマンハッタンしか指さなかった頃、成功を夢見るお金のない若者が集まる場 […]
0 comments
Rockefeller-1200

ニューヨークのクリスマスといえばやっぱりロックフェラーのアイスリンク! + 1999.07.01

  ニューヨークのクリスマスといえば! やっぱり! あの金色全裸のやつ!     […]
0 comments
Katzs-1200-2

地元民から観光客までひしめき合うカッツデリカテッセンであえてのハンバーガー! + 1999.07.02

マンハッタンの道は覚えやすい。 縦に走っている道はアベニューで、横に走っている道はストリート。 アベニューなら […]
0 comments
Chelsea-1200

とにかく気軽に入っちゃえ! チェルシーでギャラリー巡り! + 1999.07.03

「ニューヨークでギャラリー巡り」って憧れるけど、MoMAやメトロポリタン美術館のような大きな場所じゃない場所っ […]
0 comments
party-1200

小さなアパレルブランドのアットホームなレセプションパーティ + 1999.07.04

これは誰でも、いつでも行けるものではないので、紹介記事とはちょっと違うんだけど、こんなニューヨークもあるんだな […]
0 comments
CaféHabana-1200

真夜中は話題のカフェハバナに駆け込んでキューバ料理を + 1999.07.06

アパレルブランドの小さなホームパーティにお邪魔したあと、話題のカフェレストランに連れて行ってもらった。 201 […]
0 comments
MoMA_PS1-1200

現代美術好きならぜひ行きたいもう一つのMoMA、PS1 + 1999.07.07

絵は描くけれど習ったことはなく、ずっとモグリの絵描き(それをいったらデザインもライターもモグリなんだけど)だっ […]
0 comments
NY-omiyage-1206

ニューヨークのホリデームードいっぱいなお土産たち! + 1999.07.08

さて、2年越しの投稿でなが〜く続いた2015年のニューヨーク日記投稿。 もう、観光スポット紹介と行った記事はす […]
0 comments
Diner-3

〝私はダイナーとダイナーの狭間で生きている。旅をしているのだ〟 + 1999.07.09

  わたしが降り立ったことがあるアメリカはニューヨークだけなので、ニューヨークに来たら必ず行くところ […]
0 comments
EmpireStateBuilding-12

ハッピーホリデイズ、ニューヨークと東京! 打ち上げにイベントしたよ。 + 1999.07.12

  滞在中お世話になった部屋に別れを告げて、いよいよ帰路へ。   ホリデーシーズンのニュー […]
0 comments

Comments

comments


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。