TRIP

雪のように白くなる幻想的な「雪さらし」という漂白方法には科学的根拠があった

/
/
SUCCESS!

「雪のように白い肌」とはよくいうが、雪に白くさせる力があることをご存じだろうか。

それは、残念ながら美容ではなく、伝統的な麻の布に働く効果なワケだけど。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった 。」の書き出しで知られる、川端康成著の「雪国」に、こんな下りが登場する。

雪のなかで糸をつくり 、雪のなかで織り 、雪の水に洗い 、雪の上に晒す 。績み始めてから織り終るまで 、すべては雪のなかであった 。雪ありて縮あり 、雪は縮の親というべしと 、昔の人も本に書いている 。「雪国」(新潮社文庫)より

この「雪のなかで糸をつくり 、雪のなかで織り 、雪の水に洗い」は先に書いた織物のことで、「雪の上に晒す」がこの“雪さらし”である。

yukisato-4

雪国観光圏の紡ぎ方(閉じる)

静かにコツコツと。雪国に育まれた伝統工芸品「塩沢紬」とユネスコ無形文化財「越後上布」

わたしたちが着ているこの洋服だって、布と呼ばれている一片のかたまりになるために、無数の糸が絡み合って織られている。意識を小さくして糸が組み合わさった仕組みを探ろうとしても難しい。でも機械化される前には、たしかに人間が手で […]

コメントなし

雪のように白くなる幻想的な「雪さらし」という漂白方法には科学的根拠があった

「雪のように白い肌」とはよくいうが、雪に白くさせる力があることをご存じだろうか。 それは、残念ながら美容ではなく、伝統的な麻の布に働く効果なワケだけど。 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった 。」の書き出しで知られ […]

コメントなし

ランチからお土産、贈り物まで揃う酒造・八海山の複合施設「魚沼の里」

「新潟」といえば「雪国」ときて「米どころ」そして「酒どころ」と続くだろう。 新潟の日本酒と一口にいってもそのスタイルは多く、いまは「これが新潟の酒」とは断定しがたい。 そんな中でも「八海山」を知らない人は下戸でもなかなか […]

コメントなし

名だたる文豪が愛した甘口の粕漬け「山家漬」

みそも醤油も昔はしょっぱいばっかりで美味しくなかったらしい、と聞いたことがある。 基本的に塩で固めた保存食で、それは漬け物にもいえる。深い雪に閉ざされている間、なんとか食いつなぐ手段であって、渋々食べるものが転じてこのよ […]

コメントなし

雪山をそばに感じながら大沢山温泉に浸る田舎のおもてなし宿「大沢館」

仕事で一度だけ、パークハイアット東京のスイートルームへいったことがある。 宿泊取材ではなく、そこに泊まるVIPとの打ち合わせで、だ。防犯を意識してかいくつかのエレベータを乗り継いでやっと到着するという別世界。マンションだ […]

コメントなし

ひと冬の美味しさを閉じ込めた津南町の「雪下にんじん」収穫体験

  春の太陽が降り注ぎ、雪解け始める3月の新潟・津南町。 ひと冬雪の中でじっと美味しさを蓄えた「雪下にんじん」の収穫体験をしてきたよ。   畑の中で越冬したにんじんはどこが美味しいの?   […]

コメントなし

知らなければたどり着けない。十日町の山中でいただく艶めく「へぎそば」そばや清兵衛

国道253号線から県道427号線に入ると、途端に道幅が狭くなる。 自然の都合に合わせた山道は突飛なほどの湾曲を描き、ハンドルをキツく切るたびに遠心力を感じ、それが山深さへの緊張感につながる。しばらくは人里もないだろう、こ […]

コメントなし

愛称は“雪ほむら”。国宝第1号の火焔型土器に会える十日町市博物館

新潟、十日町、雪国……と聞くと教科書で見たような「2階から出入りする豪雪地域」という印象が強いだろう。 もちろんそれも間違ってはいない。「なんでそんなに雪が降るのに暮らせるの?」「夏は暑いの?」などの疑問があふれかえるこ […]

コメントなし

一度は途絶えてしまった和紙作りが体験できる、伊沢和紙工房 欅(けやき)

紙を手作りしていた時代、紙作りは冬の仕事だったそうだ。 いまみたいに「牛乳パック」の再利用で紙すきなんてもちろん出来ないから、木を育て、蒸し、皮を剥ぎ、茹でて、叩いて、線維を作り、やっと紙すきをする。 和紙の素晴らしさっ […]

コメントなし

源泉は化石海水!? 世界的にも珍しい日本三大薬湯のひとつ松之山温泉

石油のような香りのする天然温泉がある、と聞いたら誰もが眉をひそめるだろう。 しかもそれが「日本三大薬湯」だというならば、温泉好きでなくとも手ぬぐい片手に立ち上がりかねない。 「草津温泉(群馬)」「有馬温泉(神戸)」に並ぶ […]

1件のコメント

いまも「雪さらし」を続ける中田屋織物

yukisato-up-7

この地方で織られている麻織物「越後上布(えちごじょうふ)」は、国の重要無形文化財とユネスコの無形文化遺産に指定されている。

技法は指定条項によって決められており、これを守らなければ「越後上布」とはいえないのだ。

  1. すべて苧麻(ちょま)を手積みした本製糸を使用する事
  2. 絣模様をつける場合は手括りによる事居座機で織る事
  3. 皺(シボ)取りをする場合は湯揉み、足踏による事
  4. さらしは雪晒しによる事

無形文化遺産として残すべき雪さらし。だけど、いまもこれを行っているのは中田屋織物のほか、あともう1軒しかないという。

yukisato-up-4 yukisato-up-5 yukisato-1

雪さらしは3月下旬の雪解けの時期にしか行うことが出来ない。

降雪が落ち着いてよく晴れた午前中に、雪の上へ織物を晒すのだ。すると、太陽の熱で溶ける雪からオゾン(O3)が発生し自己分解(O3からO2+Oになる)を行う。このときに酸化漂白作用が働くらしい。

午後には布を取り込んで水洗いし、翌日にまた晒す。

これを天気と相談しながら一週間ほど行い、「雪さらし」は完了する。

「白越」「白布」とも呼ばれ、宝物として扱われていた越後上布の美しさは、雪によって育まれたのだ。

yukisato-up-1 yukisato-up-2

雪さらしの漂白効果が科学的に分かったのは最近のことだろう。

最初はきっと、美しく透ける雪を見て、それにあやかり捧げるような気持ちで雪に晒したのではないか、などと妄想する。

それが叶って上布が白く透けたときは、なんともいえない八百万の存在を感じずにはいられなかっただろうな。

yukisato-up-3

雪さらしはあらゆる布地に適した漂白方法だ。

越後上布をつくるときだけでなく、夏に着た着物をほどいて反物に戻し、ここに送って雪さらしで洗ってもらってからまた夏を楽しむ。

いまでも全国から大切にされた生地たちがここに集まり、白い雪に寝そべっている。

yukisato-up-6 yukisato-2 yukisato-3

訪れたのは3月中旬。

魚野川のほとりで越後の山々に囲まれて、まぶしくて目も開けていられないような白銀のもと、大切にされている反物たちの喜びが伝わるような暖かさだった。

yukisato-up-8

yukisato-up-9

中田屋織物でも通常的に見学はやっていない。

けれど、ある程度人数がまとまれば視察の受け入れはしているようなので、興味があれば代理店である「雪国観光圏」に相談してみるといい。季節は雪解けの3月中旬から下旬まで。

Special Thanks

この取材は一般社団法人プレスマンユニオン主催の雪国観光圏プレスツアーで訪れ、交通・宿泊・飲食費をご負担いただきました。記事の監修・編集は受けておらず、金銭は発生しておりません。感想はコヤナギ自身の主観によるものです。

また執筆依頼もないため、自主的に記事化したものであり、PR記事ではありません。

取材にご協力いただいた中田屋織物様、ありがとうございました。

sakaitabi-mag
Photo by Masato Sakai / Pressman Union

BOOKカウンター

最後まで読んでくれてありがとうございました!

この記事は2000文字ありました。
書籍にするとおよそ2ページ分です!
コヤナギの記事は写真もいっぱいあるから、本当に本だったら倍以上のページを読んでると思う。

雑誌みたいに800文字くらいでまとめようと思ってるんだけど、文字数制限のないブログに甘えています。

もしも記事がおもしろい・お役に立ったら、シェアやフォローをしていただけると、とっても励みになります!

雪国観光圏の紡ぎ方(閉じる)

静かにコツコツと。雪国に育まれた伝統工芸品「塩沢紬」とユネスコ無形文化財「越後上布」

わたしたちが着ているこの洋服だって、布と呼ばれている一片のかたまりになるために、無数の糸が絡み合って織られている。意識を小さくして糸が組み合わさった仕組みを探ろうとしても難しい。でも機械化される前には、たしかに人間が手で […]

コメントなし

雪のように白くなる幻想的な「雪さらし」という漂白方法には科学的根拠があった

「雪のように白い肌」とはよくいうが、雪に白くさせる力があることをご存じだろうか。 それは、残念ながら美容ではなく、伝統的な麻の布に働く効果なワケだけど。 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった 。」の書き出しで知られ […]

コメントなし

ランチからお土産、贈り物まで揃う酒造・八海山の複合施設「魚沼の里」

「新潟」といえば「雪国」ときて「米どころ」そして「酒どころ」と続くだろう。 新潟の日本酒と一口にいってもそのスタイルは多く、いまは「これが新潟の酒」とは断定しがたい。 そんな中でも「八海山」を知らない人は下戸でもなかなか […]

コメントなし

名だたる文豪が愛した甘口の粕漬け「山家漬」

みそも醤油も昔はしょっぱいばっかりで美味しくなかったらしい、と聞いたことがある。 基本的に塩で固めた保存食で、それは漬け物にもいえる。深い雪に閉ざされている間、なんとか食いつなぐ手段であって、渋々食べるものが転じてこのよ […]

コメントなし

雪山をそばに感じながら大沢山温泉に浸る田舎のおもてなし宿「大沢館」

仕事で一度だけ、パークハイアット東京のスイートルームへいったことがある。 宿泊取材ではなく、そこに泊まるVIPとの打ち合わせで、だ。防犯を意識してかいくつかのエレベータを乗り継いでやっと到着するという別世界。マンションだ […]

コメントなし

ひと冬の美味しさを閉じ込めた津南町の「雪下にんじん」収穫体験

  春の太陽が降り注ぎ、雪解け始める3月の新潟・津南町。 ひと冬雪の中でじっと美味しさを蓄えた「雪下にんじん」の収穫体験をしてきたよ。   畑の中で越冬したにんじんはどこが美味しいの?   […]

コメントなし

知らなければたどり着けない。十日町の山中でいただく艶めく「へぎそば」そばや清兵衛

国道253号線から県道427号線に入ると、途端に道幅が狭くなる。 自然の都合に合わせた山道は突飛なほどの湾曲を描き、ハンドルをキツく切るたびに遠心力を感じ、それが山深さへの緊張感につながる。しばらくは人里もないだろう、こ […]

コメントなし

愛称は“雪ほむら”。国宝第1号の火焔型土器に会える十日町市博物館

新潟、十日町、雪国……と聞くと教科書で見たような「2階から出入りする豪雪地域」という印象が強いだろう。 もちろんそれも間違ってはいない。「なんでそんなに雪が降るのに暮らせるの?」「夏は暑いの?」などの疑問があふれかえるこ […]

コメントなし

一度は途絶えてしまった和紙作りが体験できる、伊沢和紙工房 欅(けやき)

紙を手作りしていた時代、紙作りは冬の仕事だったそうだ。 いまみたいに「牛乳パック」の再利用で紙すきなんてもちろん出来ないから、木を育て、蒸し、皮を剥ぎ、茹でて、叩いて、線維を作り、やっと紙すきをする。 和紙の素晴らしさっ […]

コメントなし

源泉は化石海水!? 世界的にも珍しい日本三大薬湯のひとつ松之山温泉

石油のような香りのする天然温泉がある、と聞いたら誰もが眉をひそめるだろう。 しかもそれが「日本三大薬湯」だというならば、温泉好きでなくとも手ぬぐい片手に立ち上がりかねない。 「草津温泉(群馬)」「有馬温泉(神戸)」に並ぶ […]

1件のコメント