2015
12.07
P1010234

ブルックリンのグラフィティを独り占め。ネイバーフッド感あふれる「ベッドフォードアベニュー」

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!, TRIP


ブルックリンといえば、もう誰しも知れた「ニューヨークのオシャレな地域」だけれど、じつはそれ、「ダンボ」って呼ばれる地区の、ブルックリン橋の近くのことを指すんだ。

いまや、ダンボはおしゃれ感度が高いニューヨークの“意識高い系”や、観光客がごった返す街になっている。

もちろんブルックリン自体はもうすこし広くて、内陸に入れば完全に住宅街。

 

わざわざニューヨークに来て住宅街を見て回ることないと思うけれど、もうすこし「暮らしている」ような地に足の着いた街の雰囲気を、楽しみたくない?

もちろん、ニューヨークらしいCRAZYさを感じつつ、ね。

 

そんな“ネイバーフッド”好きが必ずチェックするのが同じブルックリンの中でも「ベッドフォードアベニュー」といわれるエリア。

 

遠目から見るとこんな感じののんびりとした住宅街。

 

P1010224

 

でも一本小道に入ると……でーん!

 

 

 

P1010226

 

派手なグラフィティが広がっている。

 

これは、グラフィティアーティストが書き残したものもあるし、お店の外装の場合もある。

だけど不思議と調和がとれていて、ソーホーの気取った感じとも、ダンボエリアのお行儀良さとも違う、ベッドフォードアベニューはちょっとだるそうな街の雰囲気を漂わせているんだ。

 

 

P1010227

(先を急ぐiPhone5くんである)

 

 

壁一面の大きなグラフィティが多いのに、人通りがさほど多くないのも好印象。

マンハッタンのイーストビレッジや、ソーホーのスプリングストリートあたりにも、一緒に写真を撮れといわんばかりな“インスタ映え”する有名な壁画がいくつもあっていいけれど、ベッドフォードの壁画はジャンルが様々だ。

 

P1010228

 

もともと倉庫街だったことからグラフィティが多く、いまもその流れを汲んでいるよう。

 

1つ1つが思い思いの個性を発揮して、たくさんの遊び心を詰め込んでいる。

 

P1010234

(イモムシくんを発見)

 

街の雰囲気は殺伐としてるかといえばそういうわけではなく、東京でたとえるなら……そうだな。

下北沢や、阿佐ヶ谷のような雰囲気。

 

 

P1010240

 

道ばたからして気取ってないでしょ。

 

 

P1010242

 

ちゃんと若者の憤りみたいなものがぶつけられた習作のタグも書き殴られていたり。

 

 

P1010271

 

これは「アーバンアウトフィッターズ」っていう、プチプラブランドの外壁なんだけど、街のテンションとすごくあってる。

 

P1010278

遊び心もある。

 

チェーン店であるアウトフィッターズだけど、販売されているものは店舗によって個性があって、ここ、ベッドフォードアベニュー店は歯切れのリサイクルの「ワンオブカインド(一点もの)」なリボンが売ってたり。

 

P1010279

 

高級なアンティーク家具を扱うお店でも、ディスプレイはちょっとユニーク&ハンドメイド。

 

P1010280

 

ギフトと文具とキッズアイテムを扱うかわいいお店を発見。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

手作りのポストカードを買うことにして、レジに立つと、その横には羊毛のインテリアが。

ほっこり。

 

P1010283

 

ちょっとしたショッピングモールになっていて、チープなアクセサリーも。

 

P1010284

 

ハムとチーズのお店では、ブルックリンチョコレートがズラリ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

P1010287

 

いまニューヨークではオーガニックなチョコレートが流行っていて、そのおいしさはもちろんのこと、パッケージのデザインにニューヨーカーが夢中に。

 

日用品店にぷらりと入ったら、こんなカラフルな製菓用のお砂糖が。

P1010289

 

お菓子なんて作らないけど、なにかやってみたくなっちゃう!

 

 

P1010288

 

ニューヨークのオリジナルティータオルもかわいくて、お土産に喜ばれそう。

 

こんな感じでフラフラ街を歩いていたら、前から友だちって感じで男の子が話しかけてきたので、なんとなく写真を撮る。

 

 

P1010291

 

彼はアーティストで、映像を撮っているそうだ。

 

 

P1010292

(ファッションスナップっぽく)

 

 

P1010294

 

ちょうどグラフィティが描かれているところに出会った。

刺激的だけど、どこかのんびり、地元っぽい。

ブルックリンのベッドフォードアベニューに来ると、なぜか「帰ってきたなー」って思うんだ。

この旅の記事を全部見る

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町

水と土の芸術祭2012 新潟

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島