2016
08.17
郊外は問答無用でハイウェイ!

日本と同じ左側通行でドライブ安心! ニュージーランドの交通ルール #airnzjp #link_nz

TRIP, ニュージーランドでオーロラハント(仮)


IMG_0433

ハロー! 田舎と離島でしか車の運転ができないコヤナギユウだよ。
お世辞でも運転が上手とは言いがたいわたし。

ニュージーランド航空さんからフライトチケットをいただき、予算の関係でレンタカー(というかキャンピングカー)を借りることにしたコヤナギ!
出発前はとっても心配したけれど、ニュージーランドの運転は快適だったよ。

今回は「これだけ抑えておけばOK」なニュージーランドの交通ルールをまとめてみたよ。

日本と同じ左側通行。シンプルなNZの交通ルール

P1030920

街の道の様子。これはイングランド人が最初に入植した街・ダニーデン。

 

ニュージーランドの写真は日本と同じ左側通行。ハンドルももちろん右側で、TOYOTAを筆頭にたくさんの日本車が走っている。また、南島は全体的に街も小さく車線も広めで渋滞も珍しいくらい。スーパーの駐車場だってだいたい広々としていて、運転に自信がないコヤナギでも落ち着いて駐車することができた。

 

郊外は問答無用でハイウェイ!

郊外は問答無用でハイウェイ!

冬は道路が凍結して「ブラックアイス」ができてるのでより安全運転を。

冬は道路が凍結して「ブラックアイス」ができてるのでより安全運転を。

速度規制ははっきりとしており、だいたい街中が50〜70㎞、郊外はすべて高速道路扱いで100㎞。

プラスマイナス10㎞くらいは誤差という考えで罰則対象ではないため、だいたい法定速度+10㎞くらいで走っている印象。地元の人もだいたいこの速度制限をきっちりと守って走っていた。

Wikipediaより

Wikipediaより

特殊なのは「ラウンドアバウト」と呼ばれる信号のない交差点で、小さなロータリーに合流して行きたい方向の道に抜けていく、というもの。でもこれも、行きたい道を逃してしまったらもう一週ラウンドを回れば良いだけで恐れるに足らず。「右から来る車が優先」とだけ、覚えておこう(ラウンド合流時に右から車が来たら、こちらが待つ)。

その他、心得ておきたい交通ルールだと

・踏切は指定がなければ止まらなくてOK
・一車線の橋などに立っている「GIVE WAY」という標識は大きい矢印の進行方向の車が優先
・路肩駐車は進行方向のみOK(逆走する形での駐車はNG)

といったことくらい。
文字で書くと長ったらしいけれど、すぐに覚えられることばかりなのだ。

英語が分からなくても大丈夫!? レンタカーを借りてみた

旅慣れたイメージを持たれがちがコヤナギだけど、実は英語がしゃべれない。
そりゃ、「YES」「THANK YOU」「EXCUSE ME」くらいは分かるけど、それしか分からない。

しかーし! この世にはインターネットがある! そしてウェブ翻訳がある!

現地のレンタカー予約サイトをサクッと翻訳して、ヘンテコになった日本語の推理をしながら予約。
まぁだいたい聞かれることは住所、氏名、年齢に、免許証番号やクレジット番号くらいなものと決まっているし。

そうそう、車の予約時に国際免許の番号も必要だからお忘れなく。

申請は簡単。
免許センターなどの所定に、運転免許証とパスポート、証明写真を持参するのみ。手続きは10分ほどで終了する。

 

IMG_0267

↑空港に設置してある無料インフォメーション電話。さまざまなサービスに連絡できる。最下段右から2つめに予約してあるJUCYを発見。電話してみるが……。

 

わたしが車を借りたクライストチャーチ空港からレンタカーの引き渡し場所までは、送迎があるはずだったんだけど、分からない。電話をしてみたけれど、当然英語が分からない。

トラブルも楽しむべきと割り切って、スーツケースを転がしながらレンタカー屋さんまで歩いて行ったよ。

IMG_0269

冬なのでチェーンの巻き方を教えてもらって、写真で記録

冬なのでチェーンの巻き方を教えてもらって、写真で記録

 

最終的に問われるのは不便を楽しむマインドだったりする。

 

「いつも自分は車線側」!

最後に、ニュージーランド在住の星空写真家MAKI YANAGIMACHIさんに教えていただいた世界で使える運転チップスをご紹介。

わたしは星空を撮影してるので、天体を求めて世界中を旅しています。星空は暗いところの方が見えますから、必然的に街灯の少ない郊外へ行くため、旅先で車を運転する必要があります。ヨーロッパや北欧など、右車線の時は戸惑いばかりでひやっとすることも。だけど、こう考えると、分かりやすいです。

“いつも自分は車線側”

日本やニュージーランドなど左車線の国で運転席が車の右にあり、右車線の国で運転席は車の左にある。つまり、常に自分は道路の真ん中にある車線にいるべき、と意識すると良いそうだ。

レンタカーの旅のいいところは、なんといっても自分のペースで楽しめること。誰にも気兼ねすることなく過ごすことで、ニュージーランドと自分がリンクしていく感覚が楽しめたよ。

海外での運転はニュージーランドが初めてだったけど、いつか他の国でも運転してみたいコヤナギユウでした!

ちなみにガソリンもまぁまぁお高い。

ちなみにガソリンもまぁまぁお高い。

 

 

ニュージーランドで借りたキャンピングカー(キャンピングバン)のことは、ここに書いたよ!

ニュージーランド旅にはキャンピングカーが最高に楽しい! #airnzjp #link_nz

 

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

Comments

comments


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。