2014
06.15
20140615_1218317

沖縄・八重山諸島、お土産。石垣島・西表島・波照間島・竹富島の思い出いっぱい。【24】

TRIP, 沖縄・離島 青が特別な色になる旅


お土産品は先着順で渡すコヤナギユウです。
沖縄・離島 青が特別な色になる旅」、このレポートの表紙はこちらです。

個人的にはあまり「お土産を買う」という文化を持っていなかったのですが、
ブログのアクセス解析で「○◯(地名) お土産」という検索が多いので
これはリクエストだなと思い、お土産品の紹介をします。

私がお土産を選ぶポイントは3つ。

・なるべく土地のものであること
販売だけでなく製造から地元に還元できるよう、なるべくメイドインここ、というものをチョイス。

・希少性・偶発性があること
「おまけとしてもらったもの」はもらうってことにもストーリーがあるので、こういうのが一番嬉しい。

・思い出と紐づくもの
今回、私で言えばとにかくあの海の「青」をイメージするものを探しました。

そんな中チョイスしたもはこちら。

20140615_1218264
「塩せんべい」
小麦をのばし焼いて油で揚げて、塩で味付けしたシンプルなおせんべい。
ふみちゃんのオススメで買ってみたら素朴で美味しくてあっという間に食べた。

20140615_1218267
「花さんぴん茶」
さんぴん茶ってジャスミンティーのことだったって知らなかった!
これは定番中の定番らしい。

20140615_1218272
「サーターアンダギー」
朝日食堂の食べかけで、紹介記事にも書いたけど、今回この旅にいざなってくれたふみちゃんとはインターネットを介して知り合い、15年以上前はポストペットというメールソフトでピンクのクマを通じて親睦を深め、お土産にデジタルの「サーターアンダギー」を持たせたりしていたので、こうやって南国で、リアルに「サーターアンダギー」を食べたことは、本当に感慨深いのです。

20140615_1218273

20140615_1218275「波照間島バンダナ」
若い頃はやんちゃだったろうと思われる店主の「モンパの木」にて購入。
とにかくなんか、波照間島の証が欲しかったのです。

20140615_1218282「雪塩ちんすこう」
沖縄は今、空前の塩ブームでどこもかしこも数種の塩を販売。お土産物屋のおばあに勧められたのでお土産用に購入。
実はこのブログを書いている今現在、福岡県・上毛町にいるんだけど、そこで合流した宮古島帰りの三谷さんからほぼ同じものをもらった。そこには「宮古島の塩使用」って書いてあったけど、ほぼ同じ。
……あれ?

20140615_1218290
「波照間島の黒糖」
何はなくとも! これは外せないでしょ!
サプリの様にぽりぽりとそのまま食べてもOKな黒糖は、波照間島のものが一番コクがあって、そのまま食べるのに良い。
一粒食べると、本当に元気になっちゃう。

20140615_1218292
「こまごまとしたもの」
中央は波照間島の泡盛の小瓶。となりはフェリー乗り場でもらった星の砂。

20140615_1218293
同じく泡盛のストラップに、あの最高に美味しかったかき氷の「みんぴか」缶バッチ。
小さなネズミコスプレのシーサーはレンタカー屋さんでもらったもの。

20140615_1218297
「波とお魚柄のTシャツ&ショーツ」
自分用のお土産にTシャツが欲しくて探してたんだけど、どうもコレというものが見つからない。
これは香港のブランドとのことだけど、気分にあったので購入。
遠くから見ると波模様だけど……

20140615_1218304
ところどころお魚模様がかくれてる!

20140615_1218308
同じ柄のショーツも購入。
もう1柄も海を思わせる色味がGood。歪んだボーダー柄のようだけどところどころジョーズの背びれになっている。

20140615_1218310
「琉球ガラスの一輪挿し」
ガラスアイランドで購入した青い一輪挿し。ころんと小振りで可愛らしい。

20140615_1218312
20140615_1218317
「自分で作った琉球グラス」
ガラスアイランドで手作りしたグラスが、私の帰京一週間後に追いかけて来た。
ビーズはもちろん、海の青をイメージして、そこのヒビ模様「さざ波」を入れた。

これで八重山諸島ブログは終了……の前に、あのステキな民宿を紹介しなくちゃ!

〈つづく〉

沖縄・八重山諸島、「青」が特別な色になる旅に行ってきた! INDEX

Comments

comments


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。