2012
12.06
20121206_203390

上毛町で楽しむ:いぶきの里・こうげの食卓 もくもく/米粉たこ焼き、無料木工場、野外ステージ、レストラン #TNG_KNG

TRIP, こうげまち #TNG_KNG


上毛町暮らしで立ち寄るスポットを五十音順で紹介。
今回は上毛町で「町おこし」の本拠地でもある「いぶきの里」【表紙】上毛町ワーキングステイ/コヤナギ的田舎ノマドとの付き合い方:避暑地ならぬ避忙地に #TNG_KNG

地域に密着した飲食店や食品加工、木工場、野外ステージ、それに上毛町での町おこしの試みを取りまとめる「上毛町地域づくり協議会」があるよ。

 

外観写真がなくて申し訳ないけれど、いぶきの里は10号線沿いの「大平楽」向かいにある複合施設で、いくつかの小さな建物が集まっている。

20121206_203393

「いぶきの里」の看板を掲げた三棟ほど連なるログハウス風(というか、海の家風)の入口に入ると、中央で「米粉たこ焼き」が売っている。

こちら、米粉を使用した大粒たこ焼きで、表面がカリッと、中がモチトロしていて意外とお腹にたまる。
奥には撒きストーブもあって、ほっこり。飲食スペースもあるので食べて行く事も出来る。

軒を連ねているのは「上毛町地域おこし協議会」

20121206_203391

上毛町ワーキングステイの募集ページで移住して来た人として登場していた道原さん。
「インターネットで見た人だ! 本人! 本人!」と指差してしまった。
ちなみに道原さんは上毛町に移住して来てから、移住先に遊びに来た女の子とつき合うことになったそうで、移住すると言う行動力で彼女をゲットした。(全くいらない情報)

「上毛町地域おこし協議会」とは、上毛町にある88の町おこし団体の統括というか、それぞれの活動を把握しようとしている機関。
88コもあったら何してるのか知るだけでも一苦労だろう。。

そんな「上毛町地域おこし協議会」の机の上にあった斬新なペットボトルリサイクル花瓶。

20121206_203392

……横転しない、という利点だろうか。

また、奥には工場があり木工作業ならほとんどの道具が揃っている。
許可をとれば無料で工場を使わせてもらえるそうだ。
米粉たこ焼き売り場の前にある、飲食スペースの椅子等の家具も、ここで作られたそう。

この日は、同施設で近日オープン予定のレストランの看板を作っていた。

20121206_203395
20121206_203394

また、食品加工を行う場所も。

20121206_203396

こちらは普段立ち入り出来ないが、見学させてもらうことができた。

この日は向かいの大平楽である「柿フェアー」に向け、オクサマが柿加工を行っていた。
作っている人の顔が見えて、作っている所と売っている所がきちんと近い。

20121206_203397

また、この施設には野外ステージも併設。
しかしながらまだ活用できていないとこと。
ご覧の通り高台にあって、抜け感の気持ちよいステージなのでアコースティックライブとか合いそうだと思った。

ミュージカル「東京ナイロンガールズ」を結成してみたりして。
(良い年して青臭い事している、という冷静な視線は重々感じているよ)

20121206_203398

後日談。

上毛町を離れる3日前。
あの、作りかけのレストラン看板をかけるというので見に行って来た。

20121206_203399

みんなで見守り、その瞬間をカメラに収める。

20121206_203400

棟梁は何でも作っちゃう山下さん。

20121206_203401

11月20日にオープンしたレストラン「こうげの食卓 もくもく」
元木材製品の販売所で、木で出来た椅子や雑貨も引き続き販売しているそうです。
看板が上がった頃にはすっかり日が暮れてしまいました。

今度は食べに行きたいです。

・上毛町地域づくり協議会 いぶきの里
福岡県築上郡上毛町下唐原1649-1


大きな地図で見る

こうげまち #TNG_KNG INDEX
36e24203

Comments

comments


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。