2013
05.03
20130502_503835

日和山で満開の桜を存分に楽しんで、工房かざみどりでレアチーズのシュークリームを食べる。 #石巻で桜 2日目

TRIP, 石巻で桜


桜前線を追いかけて、石巻に来てみたぜ日記。
やっとやっとの桜登場!

「東北」も「被災地」もいろいろあるのに、なんで石巻なのってところはこちらを参照。

 

20130502_503821

桜じゃ、桜じゃー!

クロサワさんに送って頂いて、到着したのは石巻の桜の名所「日和山公園」

20130502_503820

ここは桜が終わればツツジも咲いちゃう憩いの公園なのです。

震災から2年。
クロサワさんの話によると、1年目は花見っていう気分じゃなかったとのこと。
だけど今年は、日和山では「花見渋滞」も出来るくらい賑わっていた。

とはいえっても、震災前の賑わいを知らないから比べられないけれど。

「ライトアップは中止しました」という看板を発見したりして、以前はもっと賑わっていたのかなと思った。

20130502_503822
20130502_503823
20130502_503824
20130502_503825

山頂には1961年チリ地震津波碑が建っていた。

20130502_503826
20130502_503827

あれから2年経過した今も津波の爪痕を残す南浜町。
遠くに見える橋は、高さ18mの日和大橋。

今年、やっと街灯がふたたび灯ったそうだ。

20130502_503828
20130502_503829

外国人を含む観光客がおおく居る印象。
混雑するほどではないけれど、屋台も出て賑わっている。

20130502_503830
20130502_503831

こっちは日和大橋を背にして逆方向を見た、石ノ森萬画館のある市街地方面。

20130502_503906

この風景は「日常」なのだろうか、「非日常」なのだろうか。

20130502_503832
20130502_503833
20130502_503834

石巻の印象は「若い人が多い」と思った。
花見に来るようなアクティブな人は、若い、ということかもしれない。

20130502_503836
20130502_503837
20130502_503838
20130502_503839
20130502_503840

もう新緑が出番を待っている。
ここにも、桜の次の季節がもうすぐくる。
時間は流れ続けている。

公園内を歩き回ったので、少し休憩。
立ち寄ったのは変わりシュークリームで有名な「工房かざみどり

20130502_503841
20130502_503842

実はここ、元々知っていたわけじゃなくて全くの偶然。
というか、日和山で休もうと思ったら園内の茶屋的なところで石巻焼きそばを食べるか、
ここしかなかったのだ。

石巻焼きそばも食べたかったけど、豪華な海鮮丼を食べた後だったので
お腹が空いておらず、コーヒーがいただけそうなこちらをチョイス。

だけど店内に足を踏み入れた途端、香ってくる「名店」の気配。

これはムリしてでもシュークリームを頂くべきと思い、「レアチーズ」をチョイス。

20130502_503843

サクサク系のシューで、さっぱりしたレアチーズクリームを挟むスタイルだった。
で、このレアチーズがしろたえを思わせる滑らかさ。
レモンの程よい酸味が効いていて、しつこさがなくぺろっと食べれる。
コーヒーにも合う。

店内が混み合って、同席したおばさまたちに話しかけてみた。
ここって、有名なんですか?

おばさまたちは、ちょっと怪訝そうな顔をして、
「石巻にとどまらず、ここのシュークリームが食べたいって、仙台から人が来ますよ」
とちょっと誇らしそうだった。

うん。
桜は堪能した。

次は石巻の市街地の主要スポットを回って紹介しちゃおう。
長くなるので、次の記事にする。

石巻で桜 INDEX

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町

水と土の芸術祭2012 新潟

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島