2012
10.18
20121018_87210

#Pambassador #SG 04 アジア太平洋地区の世界成都パンダ大使、ファイナリスト決定! #panda_note

TRIP, パンダ大使への道


世界で3人選ばれる「成都パンダ大使」のセミファイナリストとしてシンガポールへ行ったよ、3日目!
ついに最終日。
最後のクエストをこなしたら、夜にはファイナリストの発表だ。
20121018_86910
20121018_86909リビングとキッチンの写真。
不思議な共同生活も今日で終わり。

たった3日とは思えない濃密な日々。何気ない風景を忘れたくないなぁと思って、つい写真を撮る。

朝ご飯はアパートメントホテルの地下1階へ。
入ったのはシンガポールごはんのお店。

20121018_86911
20121018_86912
20121018_86913
20121018_86914

私たちはシンガポールフード「チキンライス」をいただく。
奥はカレーだけど、ナンがシンガポール風。

シンガポールの人々は、右手にスプーン、左手にフォークを持って、ナイフのような使い方でスプーンを捌くのが特徴的だなぁと思った。

20121018_86915
20121018_86916

みんなでそろって食べる朝食もこれが最後。
出発前にも沢山写真を撮り合った。

20121018_86917
20121018_86918
20121018_86919
20121018_86920

到着したのは何やらホテルのような場所。
サミュエル君によると、有名な場所で、ここでプロムをしたりした場所らしい。
シンガポールにもプロムの文化があるのね。

20121018_86921

一人一人バスを降りながら、スポンサーのFUJI WATERをかまえるショットを抑えられる。
ちなみにセブンイレブンもスポンサーだったみたい。お弁当を構えた写真も撮ったよ。

20121018_86922
20121018_86923
20121018_86924

最後のクエストは知力、体力、美しさを競うチーム戦。
私はチーム5で、サミュエルくん、ムカイさん、リサちゃんと一緒に。

20121018_86925

最初のクエストは「体力」の重さ当てクイズ。
ひとりひとり竹の束を持って、重さを予想。
相談の上、チームとしての重さを発表する。
正解すると「竹」の絵が書いてあるカードをゲット。

運良く我々チーム5は1位通過!

次は「知力」のクエスト。
輪の中に入っている15秒の間に、パンダクイズに答えるというもの。
難しさはいろいろ。
参加者全員+マスコミ各社が見ている中、返答を待たれる。

問題も答えももちろん英語。

私は超能力で答えるしかない。

そして……

20121018_86926

まさかの獲得!
私、この3日間でパンダ雑学や英語力やより第六感が磨かれたと思う。

20121018_86927
20121018_86928
20121018_86929
20121018_86930
20121018_86931

暑い、暑い。
本当に暑い。

シンガポールの日差しは南国とは違う感じだけど、とにかく蒸していてとにかくに暑い。
しかも日差しが強くない、とはいえ紫外線量が少ないわけではないから、めちゃくちゃ日に焼ける。

20121018_86932
20121018_86933
20121018_86934
20121018_86935
20121018_86936

どこだか分らないけれど、ホントにステキなところなんだよ。

20121018_86940
20121018_86937

少しの間でも木陰で休まなければ、脱水を起こして倒れてしまいそう。
相まって、最終日の疲れが残るセミファイナリストたちは、遠くから見るとまるで自身がパンダのようだった。

そして「美しさ」を競うクエストはセルフタイマー撮影で、顔がしっかり写った人に得点が入るというもの。

20121018_86938
20121018_86939

そして、ホントにホントの最後の挑戦は、街中で行うサイン集め。
目立つ為の武器は、大きな旗1枚セット、小さな旗2枚セット、大きなプラカード1枚セット、小さなプラカード2枚セット、サンドイッチマンセット、そしてパンダの着ぐるみ。

観光客の多い繁華街で、道ゆく人からフルネームのサインを集める。
そのためのアイテムはこれまでのチーム戦の順位から優先的に選べる。

我々チーム5は1位!

20121018_86942

左から、サミュエルくん、私、ムカイさん、リサちゃん。

選んだ「武器」は……

20121018_86943

パンダの着ぐるみ(body by コヤナギ)!
着る人は、私ではなく、一番背が高いムカイさんに白羽の矢が立った。

20121018_86944
20121018_86945
20121018_86946

めちゃくちゃ暑そう。

20121018_86947

20121018_86948
20121018_86949

はしゃぐサミュエル。

サミュエルくんの本業はなんとドクター!
一見控えめだけれど、実はユニークで、努力家で、優しくて、ホントにパンダが大好きなナイスガイ。

さて、一行はサイン集めの為に繁華街へ繰り出します。

20121018_86950
20121018_86951

着いたのはオーチャードロードの高島屋の前。

知ってる人は分かると思うけれど、ホントにここ、ド・メジャーな繁華街。
日本でいえば、渋谷や新宿や銀座とか?
ここが異国で良かったなと思えた。

20121018_86952

我々はパンダ(inムカイさん)をエサにサインを集める。
さすがパンダ、国籍・年齢問わず大人気だった。

20121018_86953

サイン集めの冒険も終わり、クエストは全て終了!
あとはファイナリスト発表を待つばかり。

お世話になったアドベンチャーを提供してくれた方々とも、ここでさよなら。

20121018_86955
20121018_86954

クリスティーさんは台湾で英語教師をしている。持参のパンダリュックにみんなのサインを集めていた。

20121018_86956

バスの中からチラッと見かけたマーライオン(オリジナル)

最後のセレモニーは、それぞれドレスアップして参加。

20121018_86957

いろいろお世話してくれたスタッフのアーロイシャス。
名前が全然読めなくて、何度も聞いた。
兵役から帰って来たばかりの23歳。

20121018_86958

台湾のチャングちゃんも持参のパネルに寄せ書きを集めていて書かせてもらった。

20121018_86959

シンガポーリアンのスーザンちゃん(中央)。なんと6カ国語(英語、マレー語、台湾語、広東語、中国官話、スペイン語)も話せる。

20121018_86960

ROOM #21-28仲間!
広告代理店の広報・PRのフクシマさん、ウェブデザイン会社社長のムカイさん、「Dr.ジーニアス」と呼ばれていたサミュエルくん、あっけらかんとした美人シャロンちゃん、タイで生まれたパンダ・リンピンが大好きなグラフィックデザイナーのミーさん。

20121018_86961

私のビデオで何度も登場したあのパペットも連れて行ったよ。

20121018_86962
20121018_86963
20121018_86964

いよいよ結果発表。
セミファイナリストは、ちゃんとイベント完了の認定証をもらったよ。

20121018_86965
20121018_86967
20121018_86970

いよいよ、ファイナルへ進むファイナリストの発表!

我らがサミュエル、進出!

20121018_86971

20121018_86976

そして、NO1で進出したのはシンガポールの才女リリンちゃん!(中央)
2位は香港のコニーちゃん!(中央右)
3位はサミュエルくんで、4位は台湾のレイちゃん(右)

世界成都パンダ大使を決めるこのプロジェクトは、このセミフィアナルの後、ファイナルベントがある。
ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中国から勝ち残った各4人、計16人は来週、中国の成都にわたり、3週間のクエストをこなす。

1週目は成都パンダ基地での実習。
2週目はパンダ保護や野生のパンダについての学習。
3週目は野生パンダの追跡だ。

だから、パンダが好きなだけではダメ、知識だけでもダメ、体力だけでもダメ、そしてやっぱり「大使」だから、人に伝える能力も必要。

だから、この4人が選ばれたことに私は納得する。
4人とも若いだけじゃない。
とびっきり頭が良くて、元気で、そして切にパンダが好きで、それを伝えて応援してもらう力を持っていると、私は思う。
各々が作ったアピールビデオは趣向がこらしてあったり、VOTEの数だってハンパじゃない。

誰にでもなれる「パンダ大使」でないからこそ、限られた席しか無いのなら、私は喜んで彼女たちに席を譲るしかない。そりゃ悔しいけどね。

でも、同じルームメイトでチームメイトにもなったサミュエル君なんかを見ていると、ホントにすっごくパンダが好きで、切実に切実に大好きなことがよく伝わって来たから、私はサミュエルくんがファイナリストに進めたことが本当に嬉しかった。

ぜひこのまま、パンダ大使になって欲しいし、そのための応援をしたいと思ったよ。
彼がファイナリストとして名前を呼ばれて、本当に嬉しかったし、感動した。

20121018_86978

1位通過したリリンちゃん。みんなにお祝いをされて取り囲まれている。

20121018_86979

みんなで記念撮影。

20121018_86980
20121018_86981
20121018_86982

認定証と、セミファイアナリストのタグ。

20121018_86983

20121018_86984

成都パンダ基地の広報の方と、所長の方!

20121018_86985

イベントの運営を頑張ったガールズスタッフたち。(男性も写ってるけど)
中央がカタリナちゃん。事前のメールのやり取りでペンフレンドのような感覚に。
ちなみにカタリナちゃんは6月に入社したばかりなんだって。
すっごく働いてたよ!

20121018_86986

中国語が話せるムカイさんはモテモテだった。

20121018_86987

メディアからインタビューを受けるサミュエルくん。
真面目なだけじゃなく、とっても優しいナイスガイ。(ちなみに彼女はいないらしいよ!)

20121018_86988
20121018_86989

代理店のみなさま! 楽しそうだったなー。

20121018_86990

ファイナリストになったサミュエルくんの人気度大幅UP!!
最後に、ルームメイトのみんなでお祝いしようと言ったら、結局セミファイナリスト全員で飲みに行くことになった。
シンガポール組みはこの日で家に帰れたのに、その荷物をまた持ってマンションに戻って来た。

20121018_86997
20121018_86991
20121018_86993
20121018_86994
20121018_86995

店内は暗くて撮れなかった。
24人が席に着くと、仕事を終えたスタッフのカタリナちゃんやアーロイシャスくんなども駆けつけた。
仕事を離れているのに。
いろいろ凄い。

この3日間は本当にいろいろな経験が出来て楽しかった。

でも、英語が話せなかったことが一番悔やまれる。
かけたい言葉や伝えたい気持ちがいっぱいあった。
それの1%も伝えられなかった。
これは、本当に大きな後悔になると思った。

能力と情熱がある人が、キチンとパンダ大使への道に進めたこと。
自分の力がおよばずそれに届かなかったこと。
私の足らなさを補ってくれる優しい人たちに出会えたこと。
その優しい人たちに伝えたい言葉を知らないこと。

それを思い浮かべると、今でも目頭が熱くなる。

20121018_86998

マンションの廊下から吹き抜けを見下ろしてみたよの図。死ねる。

私がパンダ大使を目指す日々はこれで(いったん)終了!

翌日は帰宅になる。
最後はシンガポールを、楽しむぞ!
もう少しだけ、お付き合いあれ。

パンダ大使への道


パンダ大使への道【完了】

・2012.09.13 パンダ大使として世界をめぐる「パンバサダープログラム」に登録したよ
・2012.09.20 《訂正》パンダ大使を目指すコヤナギユウを「ハグ」する方法(2012年10月1日まで)
・2012.09.25 パンダ大使までのスケジュールと賞品、パンバサダーの役割についてまとめてみた
・2012.09.26 ジャッキーチェンと同じ肩書きを得られる!? 「パンダ大使」/てるてるジャッキー見つけた
・2012.09.27 【追記】パンダ大使の投票こと「ハグ」をスマフォからやる方法! 10月1日まで
・2012.09.29 パンダ大使とパンダと私の話。私がパンダ大使に応募した理由【いただいた推薦文】
・2012.10.01 日本一パンダ大使に近いマチュアになった! 私がパンダ大使になったら出来ること【アプリ利用規約/プロフィール】
・2012.10.02 パンダ大使の「ハグ」終了! セミファイナル発表は10月4日【倍率計算】
・2012.10.08 コヤナギ、パンダ大使セミファイナル進出!!12日からシンガポール!【合格通知メール、セミファイナル契約書】
・2012.10.13 #Pambassador #SG 01 セミファイナリストとしてシンガポールへ来たよ! 衝撃の「パンダに会えない」という事実……!
・2012.10.14 #Pambassador #SG 02 巨大パンダ雑学迷路と来場者1000人の前でスピーチ!
・2012.10.15 #Pambassador #SG 03 そうさ、今こそ、アドベンチャー!(パンダ関係ない) #panda_note
・2012.10.16 #Pambassador #SG 04 アジア太平洋地区の世界成都パンダ大使、ファイナリスト決定! #panda_note
・2012.10.17 #Pambassador #SG 05 最後はシンガポール観光 ARIGATO!! #panda_note

東京ナイロンガールズ|ぱんだノート

Comments

comments


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。