2016
01.29
20160116_1953684

みえ旅 DAY2“大人女子”が人生の現在地を確認!? 「英虞湾プチ船旅と志摩パワースポット巡り」に行ってきた!【AD】

TRIP, みえ旅


ハロー! 人生の現在地がちょっぴり「みえ」てきたコヤナギユウだよ。
今回は三重県観光誘客課さん×レビューズさんのご依頼により、三重県は伊勢志摩へ行ってきたよ。

そんな「みえ旅」早くも最終日。
今日はタクシー込みのお得なチケットで行くのは……、プチクルーズと志摩パワースピット巡りとな!

【首都圏・東海・関西在住女子注目】
コヤナギが体験した「みえ旅」のモニターを15組30名募集中らしいよ!
応募は2015年1月20日(水)~2月5日(金)まで。
詳細はこちらをチェック⇒もっと「みえ旅」が楽しくなる モニターツアー
この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

  DAY2:「旅タク・英虞湾プチ船旅と志摩パワースポット巡り」

出発は賢島駅徒歩2分、志摩マリンレジャー賢島営業所から。
カウンターで引き替えチケットを渡し、今日一日の旅行を彩る「利用券」を入手。

20160116_1953690
(右手「近鉄観光船」と書いてあるところでチケットをもらえる)

今日の「みえ旅」で使う「旅タク・英虞湾プチ船旅と志摩パワースポット巡り」にはこう書いてある。

三重県志摩市のリアス式が美しい英虞湾内にある有人島・賢島から定期船に乗り、
和具港到着後、タクシーで半島をぐるりと一周できる魅力たっぷりなコースです。

陸に、船に、パワースポット!
つ、ついて行きます!

DAY2: 定期船が逆に誇らしい
英虞湾(あごわん)クルーズ

風光明媚な英虞湾には、賢島自慢の観光船がある。
「エスペランサ」というスペイン帆船型の豪華客船だ。

でも、観光船だから出発地点の賢島港に戻ってきてしまうし、浮遊する真珠養殖イカダには近づけない。

でも定期船なら、目的地がある。

旅タク・英虞湾プチ船旅と志摩パワースポット巡り」で乗れるのは、ピンクのかわいい定期船。

20160116_1953631
(我々の目的地は「和具(わぐ)」というところ)

20160116_1953691
(船内もピンク!)

20160116_1953632

20160116_1953633

20160116_1953695

甲板には、わたしひとり。
そりゃそうだ。1月の寒空のした、わざわざ風に吹かれたりするのは観光客くらい。
ちょっと高い目線から、英虞湾を望むする。
振り返ると船の白波が、真珠養殖イカダの間を縫うように進んできたことが分かる。

20160116_1953636

20160116_1953637

途中、エスペランサとすれ違った。
イカダと注意深く距離をとって進むエスペランサ。
船内の観光客と、大きく手を振り合った。

20160116_1953634

20160116_1953635

20160116_1953638

20160116_1953696

この白い橋は「パールブリッヂ」というそう。

P1080225.jpg

DAY2: 引き潮のときに現れる
別名「潮仏」

20160116_1953650
(「旅タク」は貸し切りタクシーのこと! 送迎の名札が嬉し恥ずかしい)

25分のクルーズを終え、到着したのは和具湾。
賢島から対岸の前嶋半島の中腹に位置する小さな港町だ。
旅タク・英虞湾プチ船旅と志摩パワースポット巡り」チケットのお迎えタクシーに乗り込んで、次に向かったのは「石仏」。

20160116_1953628
(見逃してしまいそうな黄色い看板。自分でドライブしていたら見逃す自信ある)

20160116_1953699
(「関係者以外立ち入り禁止じゃないの?」と不安になる私有地感)

20160116_1953639
(けっこう歩く)

20160116_1953640
(まだ歩く)

なんでも、女性の腰から下の病に御利益があるそう。

腰から下の病……?
生理痛、婦人病、不妊症、感染症、腰から下ならひざとかもアリなのかな。

潮の満ち引きでその姿が見えたり、見えなかった狩りするため、「潮仏(しおぼとけ)」とも呼ばれているそう。

見えるかな?

20160116_1953645
(ここだっ! 見えるかな? というか、海きれい!)

20160116_1953641

20160116_1953642
(引き潮でバッチリ拝めました!)

20160116_1953643

20160116_1953644
(赤いボタンの振り袖と、貝殻のピアスに見える)

20160116_1953698

今回はばっちり引き潮で、砂浜まで降りてお参りできたけど、海の中に沈む姿も、神秘的でステキだろうね。

DAY2: 伊勢志摩国立公園の中の波切さんぽ
絵描きがあつまる大王埼灯台

20160116_1953646

20160116_1953648

20160116_1953647
(伊勢エビもあった)

船でくぐった白い橋「パールブリッヂ」を今度は渡って、ついたのは伊勢志摩国立公園の中にある大王町波切。
白い灯台がトレードマークで、海岸段丘の景勝地として知られることから、多くの画家が集まり「絵かきの町」とも言われているそう。

20160116_1953654
(仲むつまじいご夫婦の荷物持ちをしている画家の像)

20160116_1953652
(少年のようなまなざしで眺めているのは……)

20160116_1953653
(灯台でした)

灯台へ向かう急な坂道にはたくさんの乾物屋や土産物屋が並んでおり、レトロな雰囲気。

20160116_1953651

その中で、ひときわ大きなのれんをかかげた「東洋一」で、じゃーん、「旅タク・英虞湾プチ船旅と志摩パワースポット巡り」チケット発動!
焼きたてのサザエをいただく。

20160116_1953707

20160116_1953659
(サザエさーん!)

20160116_1953660

20160116_1953661
(ちなみに上手に出せなくて、お店の方にとってもらった。キモまでぷるん!)

灯台からの眺めもきれい!
(灯台に登るには、別途200円ほどかかります)

20160116_1953655

20160116_1953656

20160116_1953658

浜を見下ろすと、働く海女さんの姿が。ひじきをとっていたようだ。

20160116_1953657
(分かる? 海女さんが2人!)

20160116_1953662
(生のひじき、初めて見たよ)

20160116_1953663

港の方へ降りていくと、たくさんの干物やさんが。

20160116_1953664
(運転手さん的には左の青い「魚武」さんがオススメとのこと)

20160116_1953665

20160116_1953666
(これで干して2日目ですって。なんてクリアな瞳)

20160116_1953667
(これは、ふぐ!)

20160116_1953669

試食させてもらったら、おいしい!
しかも安い!
ええ? ふぐの一夜干し、一カゴで1000円なの!?
うちがせめて二人暮らしなら、クール宅急便で送って買うのに……。

20160116_1953668

DAY2: 実は隠れたネコ充スポット!?
ともやま展望台

タクシーの運転手さんがオススメの場所へ連れて行ってくれた。
「ともやま展望台」といって、英虞湾と賢島が見渡せるスポットだ。

20160116_1953670

美しい風景を写真に収め立ち去ろうとしたとき、タクシーの運転手さんが穏やかに話し始めた。

「ここ、風景がきれいでね~、いつもはネコもいっぱいいるんですけど……いた! 左!」
「あ、ホントだ! 撮ってきます!」
「ああ! コヤナギさん、右にも、2匹!」
「うわぁ、すごい!」

20160116_1953671

20160116_1953672

(撮ってもどる)

「今日はきじ寅しか居なかったですけど、いつもはいろいろ……いたぁ! シャム! シャムゥ!!!」

20160116_1953673

……運転手さん、ネコお好きなんですね。

「ええ、とても」

20160116_1953674

DAY2: これは平たいお寿司
てこね寿司

賢島駅に戻り、港のほとりにある小さなホテルの2階のレストランへ。
旅タク・英虞湾プチ船旅と志摩パワースポット巡り」チケットで「季節の魚のてこね寿司とあおさのお味噌汁」をいただく。

20160116_1953676
(戦隊もののようにかっこいい定期船。朝出発したところに戻ってきた)

20160116_1953675

20160116_1953708
(お好きな席へ、ということで図々しく上座へ。港が眺められるから……)

20160116_1953677
(ハイボール……焼酎!?)

20160116_1953678

「てこね寿司」とは志摩の漁師が忙しい仕事の合間に簡単に食べられるように、まとめて醤油につけて食べられたのが始まりとのことで、漬けの海鮮丼のようなものかと思っていた。
敷き詰められたご飯は酢飯で、刺身と酢飯をお箸で一緒にすくい上げて食べれば……うん、これはお寿司だ!
平たくて大きい「すくい寿司」といったところ。

20160116_1953679

20160116_1953680

20160116_1953681

20160116_1953682
(奥にエスペランサが見えますか?)

うん、これは「お寿司」だ。

DAY2: 英虞湾一望と志摩産真珠!
横山ビジターセンター

朝から船や陸でグルッとまわった英虞湾が一望できるという横山展望台へ。
76段あるという階段を上りきると一気に視界が開けた。

20160116_1953683
(居合わせた元気なおばさまと声掛け合って石階段を上る)

20160116_1953684

入り組んだ島々が独特の美しさを讃えている。
変わらない風景を楽しめるのは大人の醍醐味だ。
時は流れ、変わらないようであっても何事も変わってしまうことを知っている大人だけが、風景の美しさを感じ入れると思う。

20160116_1953629

帰りはスロープから降りる。ゆっくり下っているだけなのに、英虞湾の印象が変わる。
不思議な風景だなぁと思う。

そして、ビジターセンターではこの春から開始予定のサービスを体験させてもらった。
志摩産真珠を使ったアクセサリー作り体験だ。
2つ連なったドロップパールを使って、ピアス、ネックレス、イヤホンジャックアクセサリーが作れる。

20160116_1953710

わたしはピアスを作ることにした。
宝石類に疎くて、真珠の善し悪しがあまり分からない。

だけど、たくさんの真珠の中からアクセサリー作ろうと眺めていると、個性が分かってくる。
大きさももちろんだけど、光り具合や、色そのものも全部違う。

20160116_1953709
(これは真珠貝の中で雪だるま型の「ドロップ」にしたもの。大きさに限界がありムリをすると奥のようにゆがんでしまう)

20160116_1953685
(体験で使うのはあとからドロップ方にしたもの。すでにくっつけてあるのでアクセサリーづくりは楽ちんだ)

ピアスは両耳に掛けるから、色をどうそろえようか。
いや、そろえなくてもいいか?

せっかくのカスタマイズだから、白とピンク、ほんのり色違いのパールのピアスを作ってみた。

20160116_1953686
(左がピンクで、右が白っぽい。フックの色も金と銀から選べる)

20160116_1953630
(ピアスの他にネックレス、イヤホンアクセサリーがつくれる)

DAY2: 日本の灯台50選に選ばれた四角い灯台
安乗埼(あのりさき)灯台

真珠のアクセサリーを作って旅は終わりだったはずなんだけど、少し時間があったから運転手さんが最後にステキなところに連れて行ってくれた。
的矢湾(まとやわん)の入り口に位置する、四角い形が珍しい安乗埼(あのりさき)灯台だ。

20160116_1953687
(春になったらさぞ芝が青かろうと思った)

20160116_1953711

20160116_1953712

20160116_1953713

20160116_1953689

荒々しい岩肌がむき出しの太平洋に、入り江を知らせる小さな灯台と白い花が揺れる穏やかな風景がそこあった。
外洋と内海の両方が楽しめる絶景だった。

20160116_1953688

「みえ旅」も終わる。
ずいぶんいい眺めがみえるようになったものだ。
真珠のピアスが潮風で揺れた。

「行きますか」

タクシーに乗り込んで、鵜方(うがた)駅を目指し東京へ戻った。

さいごはお土産紹介!

みえ旅 INDEX

VISIT 三重県http://mie.visit-town.com/

2016.01.08  Real Time Instagrams

定期船で遊覧中! #みえ旅 #伊勢志摩 #賢島

Yu Koyanagiさん(@koyanagiyu)が投稿した写真 –

大王埼は絵描きの町でたくさんの油絵画家が訪れるそうだよ。 #みえ旅 #伊勢志摩 #賢島

Yu Koyanagiさん(@koyanagiyu)が投稿した写真 –

あおさの養殖が見えます。 #みえ旅 #伊勢志摩 #賢島

Yu Koyanagiさん(@koyanagiyu)が投稿した写真 –

ともやま公園はあご湾が見渡せる上にネコ充スポットだった!! #みえ旅 #伊勢志摩 #賢島

Yu Koyanagiさん(@koyanagiyu)が投稿した写真 –

サービスでおみかんいただいた。 #みえ旅 #伊勢志摩 #賢島

Yu Koyanagiさん(@koyanagiyu)が投稿した写真 –

賢島の人口は126人! #みえ旅 #伊勢志摩 #賢島

Yu Koyanagiさん(@koyanagiyu)が投稿した写真 –

四角灯台からみえる絶景すごい。 #みえ旅 #伊勢志摩 #賢島

Yu Koyanagiさん(@koyanagiyu)が投稿した写真 –

みえ旅 INDEX
VISIT 三重県http://mie.visit-town.com/

Comments

comments


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。