2015
09.23
20150923_1826190

【木慈】名付ければそこが名所!? ドラム缶桟橋と垣漁跡【奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ 17】

TRIP, 奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ


わたくし、過去の記憶を呼び起こし、さも昨日行ってきたくらいの勢いで旅ブログを書く、性は女、名はコヤナギユウ。
人呼んでフーテンのコヤと発します。
1年前の2014年9月7日から14日まで「奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ」と題しまして、小説家の三谷晶子姐さんをたずねてまいりました。

ウソは方便なんて言うけれどよ、『名付ければ名所』なんて、まぁ上手いこと言うよな~。20150923_1826189わたしにとって唯一の情報源「まんでぃ」によれば、たしかに“まんでぃ(たくさん)”あるカケロマ島の魅力の1つとして、「ドラム缶桟橋」が載っている。

ちょうど「木慈(きじ)」という集落を紹介するページに載っていたから、そこにしかないかと思ったけれど、そんなことはない。
生間にも渡連にもスリ浜にもあったと思う。

よくよくまんでぃのドラム缶桟橋の紹介ページを読んでみると
「廃品になるものを再利用して活かす人々の知恵が垣間見えるようだ」と書いてあった。
……要は特に歴史なし。

じゃあ、こっちはどうだ?
昭和40年ころまで行われていた「垣漁」の名残の石垣が、そのまま残っているそうだ。

20150923_1826191

あったあった。
あれだ。

海岸を歩いていると集落の方に声を掛けられた。
ビーチでもない場所を歩いてる観光客が珍しかったようだ。

「垣漁跡があるって聞いて、見に来たんです」

と応えたら

「まぁ、名前をつけたなら何でも観光名所だな」

と言われた。

名言である。

20150923_1826190
(干潮で出来るこの潮だまりにキビナゴやイカ、カニなどを追って網ですくっていたらしい)

飾らないカケロマ島。
「名前をつければそこが観光名所」
まぁ、身もふたもないけれど、いやいや、やっぱり名言だ。

車に戻るとようへいくんがうたた寝していたのですかさずシューティングした。

20150923_1826192

 

20150923_1826193

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ INDEX

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう 出雲縁結び旅 女ひとり草津温泉ぶらり旅 参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町 水と土の芸術祭2012 新潟 世界パンダ大使への道 Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島