2014
07.02
20140702_1242878

上毛町からドライブ圏内! 別府&国東半島の遊び方、ローカル巡り編

TRIP, こうげまち #TNG_KNG


私は自分を知りました。

小出しにして頻度を上げる、というのは性格的に向いてないのだと。
だからある程度のボリュームのものを片付けようと思ったら、一気にやった方が良い。

そんなわけで!

今回、福岡県・上毛町滞在中に、3日間抜け出して大分・別府&国東半島へ遊びに行ってきたレポ書くよ~。

3日間を1記事で。
掲載写真枚数は130枚!

通信環境の良い所で、「つづきを読む>>」なさいませ!

 

20140702_1242879

福岡県の最東端にある上毛町を出て、隣町の中津駅へ。

「ソニック」という急行電車に揺られること30分ちょっとで別府に到着。
私は車の運転が不安だからアレなんだけど、ドライブしても1時間ほどで着くらしい。

別府駅から線路沿いに移動したガードレール下に、怪しいお店が詰まった「北高架商店街」に友人がカフェを出した。

20140702_1242777

20140702_1242882

20140702_1242881

お店の名前は「ハチカフェ+

20140702_1242789

20140702_1242880

カフェという名前だからお茶も出来るけど、自然食品から完全無農薬の野菜、アロマ、オーガニックコットンの草木染めなどなど、とにかく「良さそう」なものがいろいろ売っている。

20140702_1242785

20140702_1242786

20140702_1242788
20140702_1242790

20140702_1242791

また、店の2階では貸しスペースを行っていて、ヨガや英会話、アコースティックライブからカットサロンまでいろいろな催し物を行っているらしい。

20140702_1242885

フローリングエリアは土足厳禁。
奥の白い部屋は靴のママでOK。

20140702_1242883

20140702_1242884

20140702_1242778

奥に合った不思議なかぎ編みのオブジェ。

20140702_1242780

フカフカのソファベッドもあったので、ボディケアリラクゼーションなんかをやっても良い。

20140702_1242779

椅子から座って、フローリングを眺めてみたところ。

20140702_1242886

20140702_1242781

壁に反射するサンキャッチャーの虹粒たち。

20140702_1242887

高架下なので電車が通る音がするが、想像よりも遠く感じた。

がたん、ごとん、がたん、ごとん。
たくさんの人と想いを乗せて、行き交う電車に想いを馳せる。

20140702_1242782

白木のフローリングは素足にそっと優しく気持ち良かった。

お香に向って座禅を組んで、がたん、ごとん、と電車を待ちわび、耳をすませるのもいい。

20140702_1242783

この場所はレンタルしているようだから、興味があったらお店の人と相談して見ると良いと思う。

そうそう、カフェだから、コーヒーとケーキをオーダーしてみよう。
実はこの日、閉店してしまってから行ったので店内は棚卸し中。

バタバタした中でお願いしてしまった。

20140702_1242888

20140702_1242784

コーヒーはオーダーが入ってから、一杯一杯ひいてくれる。

レトロなコーヒーミルが活躍中だ。

20140702_1242791
(ただのディスプレイじゃなくってよ、と心なしか誇らしげ)

20140702_1242787

今回いただいたのはこちら。
有機栽培のオーガニックコーヒーと、卵や乳製品を一切使わない、ココアケーキ!

白いクリームのようなものはなんとお豆腐。

優しい甘さにしっとりとした優しさが滲みました。

別府駅から徒歩3分ほどの別世界。
ぜひ行ってみてください。

(友人のまりちゃん含む3名で運営しているので、もし店にまりちゃんがいて、ユウのブログ見たって言ったらきっと「えへへ」って言います)

・HACHI CAFE +(Facebook
大分県別府市駅前本町9-20
0977-76-5338
営業時間:11:00~17:00
定休日:第三木曜日(だったかな)

お店を後にして、まりちゃんの案内にて別府ドライブ。

20140702_1242792

わ、なに!?
あの小島行きたい!

20140702_1242793

左は加計呂麻島に移住した小説家の三谷さん、右が大分に移住した友人のまりちゃん

まりちゃんの出身は岐阜なんだけど、遡ること16年ほど前、友人のバーに「顔が似てる人がいる」と言って紹介された。
それから家が近いこともあって毎日のように遊んでいたんだけど、ライフスタイルが変ってしばらく会わなくなって、まりちゃんは3年前、国東半島に移住した。

その1年後、私は福岡県・上毛町の短期お試し移住体験のため九州を訪れ、何の気なしにまりちゃんに連絡すると、どうやらそう遠くもないらしい。
それから、上毛町に来たらまりちゃんと遊ぶ、といった調子でいつもお世話になっている。
結果的に、後半会わなくなった東京暮らしよりも、今の方が濃厚に遊んでいることになる。

20140702_1242794

別府は言わずと知れた温泉街だけれど、観光地なのでいろいろと整っている。
人を楽しませようって気持ちが、街全体から湧いてるように感じる。
だからこの公園も、こんなに過ごし良いんだ。

20140702_1242795

季節は梅雨まっただ中。
今にも泣き出しそうな空は、ぐっと堪えてくれていた。

夕陽が望める素敵な温泉に行き、湯船につかりながら海を眺めた。

温泉に入ると撮影(&レポート)する気力が限りなくゼロになってしまうので、温泉の名前などは割愛させて欲しい。ごめんw

今回は大分の方まで案内してくれて、大分のオシャレなお店の多いこと。

20140702_1242796

大分から望む別府の町並み。
別府湾に向ってすり鉢状になっているため、町灯りがきれいだ。

20140702_1242797

20140702_1242798

今回はどこも入らなかったけど、カフェやバルやレストラン、美容室などオシャレなところが多かった。
IターンやUターンしてる若者が頑張ってるだろうなぁと思った。

ペコペコのおなかは別府に戻って満たすことに。
行ってきたのは「別府冷麺」の「手のべ冷麺専門店 六盛」。

20140702_1242800

別府冷麺の定義はなく、外国から来た方をおもてなししたのが始まりだとか。
ここ、六盛(ろくせい)の冷麺は、注文してからタネを製麺機にかけ、にょろ~っと出てきた麺がそのまま熱湯に落ちていくという、超出来立て製麺が楽しめる。

20140702_1242801

おそばのような色味で、程よい歯ごたえ。
醤油ベースのスープはサッパリとしていて、これは新ジャンルの冷麺だと思った。

冷麺が大好きな人はもちろん、苦手な人も、きっと六盛の冷麺なら美味しいだろう。

夜、高台から別府の町を眺めた。

20140702_1242802

翌日!

まりちゃんの用事にくっついて、国東半島にやってきた。
なんでも、陶芸家さんと新しい国東土産について考える打ち合わせをするそうだ。

やってきたのは「くにさきかたち工房」。

まずは工房に併設されたギャラリーにお邪魔する。

20140702_1242805

「ヤギコヤ」———つまり、元ヤギ小屋だ。

20140702_1242891

20140702_1242889

陶芸家のカキノさんは、持続可能な自給自足生活を目指して、2年前にご家族で千葉から移住。
今では7つの田んぼと5つの畑をめんどう見ながら、創作活動を行っているそう。

20140702_1242890

「ヤギ小屋」の雰囲気を残したギャラリー内は入って見ると広い!

20140702_1242814

20140702_1242813

20140702_1242812

20140702_1242811

ヤギ小屋の中から外にいる三谷さんを発見。

20140702_1242810

20140702_1242809

素材を活かし、地に根ざした暮らしの中から生まれる「カタチ」に想いを巡らせているそう。

20140702_1242808

これは国東の空や海をイメージした「国東ブルー」の花瓶。
(おや? チラチラ誰かが見てるぞ?)

20140702_1242807

隣の小屋には竃もあった。

20140702_1242806

工房へ移動して、まりちゃんはMTG。

私も工房内を物珍しさに探検しながら写真を撮り、時折気まぐれに、MTGに聞き耳を立てる。

20140702_1242803

20140702_1242804

20140702_1242815

20140702_1242892

20140702_1242816

20140702_1242817

20140702_1242818

奥様が美味しいハーブティを入れてくださって、みんなでお茶した。

20140702_1242821

20140702_1242822

20140702_1242823

手先が器用なまりちゃんと、職人気質なカキノさんとで、何か面白いもの、出来たら良いね。

でも、打ち合わせはまだまだつづきそうだったから、私はムスメ氏と遊びに行ったよ。

20140702_1242824

20140702_1242825

ムスメ氏の秘密基地を教えてもらって、干潟をいっしょに散歩して、
どこがぬかるんでいるんだか知らない私は、干潟に靴をとられて、脱げて、靴下を汚した。

奥様からクロックスを借りて、ランチへ。

国見ふるさと展示館 お食事処 城山亭

20140702_1242826

自然食のランチがいただける。
なんといってもリーズナブルでびっくりした。

20140702_1242827

これで500円!

みんなで記念撮影したけれど、ムスメ氏は恥ずかしがってしまった。

20140702_1242828

カキノさん、ごちそうさまでした!

つづいてやってきたのは、まぁるく突き出た国東半島の真ん中に位置する「両子寺(ふたごじ)」!

20140702_1242893

20140702_1242829

20140702_1242894

20140702_1242830

20140702_1242831

20140702_1242832

難しいことはなんかよく分からないけれど、とにかく広くて、気持ちのよいお寺だったよ。

国東では磐座信仰が厚いみたいで、岩を祀っているお寺が多いとのこと。

でも、それよりなにより多いのが仁王像!

石造り仁王像の日本最大密集地帯とのことで、国東半島だけでおよそ100基の仁王像が現存してるとか。

その特徴は柔らかい石の特性のせいで、表情も丸みを帯びていて、どこかコミカル。

20140702_1242833
(こんなふうに)

20140702_1242895

20140702_1242834

20140702_1242896

20140702_1242898

まりちゃんが「パワースポットとかっていって、この岩が紹介されたらしいよ~」と案内してくれた大岩。

20140702_1242835

木の根が映えていて、どこか、仏頂面したオオガエルにも見える。

ぶっきらぼうだけど、なんか、良いヤツそうな気がする。

「学校遅刻しそうだから送っていってよ」
「足が疲れから迎えにきて~!」

そんな風に甘えても、ブツブツ言いながら迎えにきてくれそう。

20140702_1242899

「ともだち感覚!」

この後、近くだという「やーやまや」へ。

やーやまやは自然食のパンや自然農園のお野菜を販売する農家なんだけど、なんと開墾から行なったという超ど根性農家。

やーやまやのお野菜や、パンは何度かいただいていたけれど、初めて畑を拝見する。

20140702_1242900

もともとここは、ボーボーの林だったらしい。

農家で労働する代わりに食と住まいを提供してもらう「WooFoo(ウーフー)」という働き方があるのだけれど、
理想の農業を目指してしんくんは全国の農家を渡り歩いていたそう。
とある農家で同じように出会った乙女ちゃんと意気投合し、しばらくは車ひとつで全国の農家を手伝いにいくスーパーWooFooerとして生活していたそう。

だけど自分たちで理想の農業を目指し、国東半島に根を降ろし、林を開墾するところからスタート。

最初の3年は農業をやっているのか林業をやっているの変らず、もちろん売れるよう収穫にはおよばず、それでも開墾し、農業を続けたという。

だからこの畑は城なんだ。

肥料や農薬を与えず、強くたくましく育ったやーやまやの野菜たちは、濃くて美味しい。

この城を守る兵隊たちのように、心強い。

20140702_1242837

(同じくやーやまやを守る犬氏。3頭いて、最近ケンカが絶えないので隔離されているとのこと)

憧れの畑を後にして、次ぎにきたのは……「天念寺

ここでは毎年、福を呼ぶ火祭り「修正鬼会」を行なっているという。
これは国指定重要無形民族文化財とのこと。

20140702_1242907

20140702_1242901

20140702_1242840

奥に見えるのが火祭り用のたいまつ。
でかい。

20140702_1242904

こっちは水害防除の大岩で、高さは3.23メートルとのこと。

20140702_1242906

20140702_1242838

そして、最後にやってきたのは真玉海岸……のつもりだったのだけれど、
干潮が美しい夕焼けも、このときは満潮だったため近くの神社へ。

なんでも女子にやさしいという神社だそうで。

真玉海岸の夕陽が望めなかった女史を癒しておくれよ、「粟島神社

ん?
なんでも「恋愛の聖地」とな!?

20140702_1242908

浮いた話しもなく地に足付けて幾年月。

わたくし、そろそろ不惑も視野に入りはじめ、いよいよ売り抜けないと不良債権決定です。
正直なところ、ヒンヤリと焦って参りました。

女史に優しいと名高い粟島神社さまよ、どうですか、わたくしは、ええい、侭よ!

……そんな気迫でひいたおみくじは、めったにひいたことのない「凶」で、絶望に打ちひしがれヤサグレながら、波打ち際のフナムシを追い回してる間にマジカルアワーが訪れた。

20140702_1242841

20140702_1242909

20140702_1242842

20140702_1242843

20140702_1242844

20140702_1242845

なんてキレイなんだ。

まぁいいわ、いいわ。成るが侭よ。

おなかをすかせてまりちゃんちへ帰ると、まりちゃん夫の雨くんがカレーを作ってくれていた。

私界隈では局所的に憧れの「アメカレー」だ。

20140702_1242846

20140702_1242847

アメカレーは採算度外視の薬膳カレーで、作ってる本人も何が入っているのか把握出来ないほど、いろいろ入ってる。

20140702_1242848

これはまりちゃんが作ってくれた春雨サラダ。

そしてこれが、アメカレーだ!!

20140702_1242849

毎回とんでもない量を盛られるんだけど、お野菜ばっかりだかあ不思議と食べれる。

今回もアメカレーは美味かった。

翌日。
まりちゃんちの畑で初収穫された、可愛いニンニクに挨拶して出発。

20140702_1242850

やってきたのは「大神」と書いて「おおが」と読む、「大神ファーム」!

20140702_1242852

ローズガーデンのあるハーブ園なのだけど、梅雨の時期と言うことでバラの盛りは終わり、朝は土砂降りの雨が。
しかしゲートをくぐる直前にぴたりと止んで、驚いたのが門をくぐったときのその香り!

全身をカモミールに包まれた!

もう、これだけでノックアウト!!!

写真に香りが込められなくて残念だけど、本当に贅沢なバーブの香りに包まれて、あまりに気持ち良くて深呼吸ばかりしていたから、私の体積は1.2倍くらい広がっていたと思う。

20140702_1242853

20140702_1242854

20140702_1242856

20140702_1242857

20140702_1242858

20140702_1242859

20140702_1242860

露に濡れた植物がキレイで、写真ばっかり撮ったけど、伝わらないだろうなぁと思いつつ、いいんだ、これは私のブログだから。

盛りを過ぎたというバラ園も、全体的は迫力は終わってしまったものの、バラ単体の威力が衰えたわけではない。

バラ。それは小宇宙である。

20140702_1242861

見た目も香りも迫力あるなんてズルい。

20140702_1242862

20140702_1242863

20140702_1242864

なんだかだんだんプリンス・エドワード島にいるような気分になってきて、ホワイト・スコッチを探したけれど、もう終わって花を落としていた。

20140702_1242866

20140702_1242867

20140702_1242868

20140702_1242869

20140702_1242870

20140702_1242871

園の中にはレストラン兼ショップがある。

20140702_1242855

少し早めのランチをいただこう。

20140702_1242910

1階にも客席はあるけれど、せっかくなので2階のテラス席へ。

20140702_1242912

20140702_1242913

20140702_1242914

20140702_1242872

20140702_1242874

20140702_1242875

ランチは特性のコースにした。
といってもスープ・前菜・メイン・ハーブティがついて1,700円くらいだったと思う。

20140702_1242876

ハーブの使いっぷりが贅沢!
ふわふわのパンもおいしかった。

20140702_1242877

スズキのムニエルだったかな。

ふんだんに使われているローズマリーに刮目せよ!

ハーブティもとっても美味しくて、1階でお土産用にもたんまり買って、ホクホク顔で上毛町に戻りました。

20140702_1242911

今回の旅路はザックリとこんな感じ。

3日間通しても移動距離はこんなもん。

上毛町からの大分遊びは最高に楽しい。
本当は王道に温泉巡りとかを紹介すれば良いんだけど、それやったのはもうずっと前で、温泉といっしょにさっぱり洗い流れちゃった!
ごめん!

こうげまち #TNG_KNG INDEX

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう 出雲縁結び旅 女ひとり草津温泉ぶらり旅 参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町 水と土の芸術祭2012 新潟 世界パンダ大使への道 Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島