2011
07.14
20110714_2175300

Love letter from カナダ 9通目:さよなら、カナダ。お土産プレゼントをまとめたよ。トロント土産を追加しちゃった。

Love letter from カナダ, TRIP


腹心の友のあなたへ

カナダを発つ日は、本当にあっという間だったわ。
ホテルでの最後の朝食は、あまり喉が通らなくて、
簡単に済まそうとシリアルにしたの。

でも見て。

20110714_2175280
20110714_2175283

とってもステキなシリアルだわ。

トロントは滞在期間が短くて、
日常の横顔も捉えられなかった気がするの。
だから、せめて最後にスーパーマーケットに立ち寄って、
「いつもの感じ」のニオイを少しでも吸い込もうと努力したわ。

……なんて、ホントはおみやげでパンパンになってしまった荷物を
入れ替えるためのケースを買いにいったんだけどね。

荷物を軽くするつもりだったのに、
お菓子をいっぱい買っちゃったわ!

20110714_2175287
20110714_2175286
20110714_2175288
20110714_2175289

カナダでは「コストコ」を「コスコ」と読んで「T」は発音しないんですって。
カナダ土産として、私もこれからコスコと呼ぶ事にするの。
私、“コスコ”が大好きなのだけど、
この日は迂闊にもメンバーズカードを持ってこなかったわ!
全世界で使えるから、自分のカードで入りたかったのが悔やまれるわ!!

カナダのコスコは日本よりもっと「スーパーマーケット」色が強く感じたわ。
きっとあの量の多さが、日本人より馴染み深いんでしょうね。

(ちなみにIKEAは「アイケア」と呼ぶそうよ)

フライトの時間が刻々と迫って、
それでもまだ、どこかカナダを感じていたくて
空港で飛行機を見に行ったわ。

コーディネイターのナカムラさんは凄いのよ!
風向きを見てどこの滑走路が使われているかまで判断できるのよ!
しかも予想は的中!!

トロントでお世話になったナカムラさんもそうだし、
PEIでお世話になったPEI Select TURESのマスダさんも
わたしの突拍子も無い質問や要望に、完璧に応えて下さったわ。
プロってすばらしいわね。

日本まで私を無事に連れて行って下さるプロよ。

20110714_2175290
20110714_2175291

AIR CANADA

そしてこの旅をあなたとつないでくれたプロ。

20110714_2175302

グローバルデータのMifiレンタル

私の旅の報告は、これで以上なの。

あ、そうそう!
あなたにおみやげを買ってきたわ!

あたしのiPhoneから撮った写真なので
分りにくいかもしれないけれど、ちょっと説明を加えさせて!

おみやげが増えすぎてしまって、
スーツケースの半分は、おみやげ用にしておいたのに、
バッグを1つと、ケースを一つカナダで買ったわ。

行きと帰りでバッグが違うなんて、旅行あるあるよね。

20110714_2175329

プレゼントの応募方法は、スタッフの安藤さんがブログにまとめていて下さったので、
不安だったらチェックしてみてね。→【お知らせ】お土産プレゼントへの応募方法

1アイテムにつき1回、応募していいみたいだから、
全アイテムに応募するのもOKよ!

 

20110714_2175246
赤毛のアンでダイアナに飲ませたかった方の「いちご水」

Raspberry Cordil

20110704_2162305

馬車に乗せて下さったあのおじさまの会社のものよ!
「赤毛のアン」の中ではイチゴ水として登場してくるけれど、
本当はイチゴではなくてラズベリーだったらしいの。
翻訳した当時、ラズベリーに馴染みがないと思われて、「イチゴ」としたのね。

この「ラズベリーコーデリア」は更にアレンジがかかっていて、
ラズベリージュースに微炭酸が入っているの。

グリーンゲイブルズで私も飲んだのだけれど、
乾燥しやすい夏のPEIにぴったりの爽やかな飲み口だったわ。

じゃあ、ホントの「イチゴ水」はどんなかって?
それは「グリーンゲイブルズ博物館」でだけいただけるの
。ぷっかりとラズベリーが1つだけ浮いてて、とてもフルーティでおいしかったわ~。

でも、PEI以外でいただけるいちばん近い「イチゴ水」は
ラズベリーコーデリアだけよ!

「赤毛のアンでダイアナに飲ませたかった方の「いちご水」Raspberry Cordil 」に応募する

 

20110714_2175247
メープルシロップ100%の新製法でつくられたキャンディ!

20110702_2159937

上のイチゴ水もそうだけど
「Anne of Green Gables Chocolates」で買ったアイテムよ。

メープルシロップにもオリーブオイルのように
バージンとか、ピュアとか、純度によって値打ちが違うの。

このキャンディはその中でも純度の高いメープルシロップを使って、
水飴などの凝固剤を使わずキャンディに仕上げたものなんですって。

その製法は特許をとったとかなので、味わうなら、ここしかないわね。

メープルシロップ100%の新製法でつくられたキャンディ!地元でも美味しいと評判とか。に応募する

20110714_2175248
ヨーロッパ文化が強くデンマーク系の甘いミルクチョコレートの“PIE”ならぬ“PE EYE”なチョコレート!

これも「Anne of Green Gables Chocolates」より。
度々あたしが手紙の中でプリンスエドワード島をPEIと約してきたと思うけれど、
島の人たちもみんな、親しみを込めてPEIと約して呼んでいるの。

(島の人の事はアイランダーと呼ぶのよ!)
そんな中、このアイテムはPE Eyes!
そう、デーブスペクターも真っ青のダジャレよ!
それだけで味わってみる価値有りよ。

テイストはミルクと甘みが強く、舌触り滑らかなデンマークチョコレート調よ!

ヨーロッパ文化が強くデンマーク系の甘いミルクチョコレートの“PIE”ならぬ“PE EYE”なチョコレート!島の人、意外とダジャレ好きです。に応募する

20110714_2175249
カナダドルのコイン型チョコレート。

カナダ滞在中で唯一悔やまれる事は、カナダのコインを覚えられなかった事だわ!
1セントから2ドルまで、全7種類(かな?)のコインがあるのだけど、
大きくなったり、小さくなったり、銀だったり銅だったり。
2ドルコイン以外はっきり覚えられなかったわ……
このチョコレートがあれば、事前に予習ができるわね。

カナダドルのコイン型チョコレート。お味はもちろんコインの値段以上!に応募する

20110714_2175250
カナダ全土で賞もとった100%ハニーキャンディー
「hony drop」「hony drop LEMON」

PEIはカナダのみんなが想い描く理想的な「田舎町」だけれど、
ここ100年島民の数は減っていないらしいの。

そりゃもちろん、都会を求めて島を出て行く、若きモンゴメリのような青年も沢山居るわ。だけどPEIだって有能な若者を支援する取り組みをしているのよ!
このアイテムはその取り組みの成功事例の1つ。

花豊かなPEIははちみつもおいしくて当然!
はちみつは健康にも良いし、ヘルシーな事はもう当然の事実でしょ?
そんなはちみつを100%使ったキャンディを開発したのはPEIの若者2人組なんですって。
しかも20代とか。
このキャンディはカナダ全土で賞も取り、PEIの人たちはとても誇らしげにこのキャンディを紹介してくれたわよ。

PEIの若手起業家(20代後半?)が作った、カナダ全土で賞もとった100%ハニーキャンディー「hony drop」「hony drop LEMON」「hony drop」に応募する

20110714_2175251
PEIチョコレートの詰め合わせ
「赤毛のアンBOOKBOXアソート」

「Anne of Green Gables Chocolates」の主力チョコレートが詰まった決定版よ!
本の形をしていてかわいらしいわ。
定番のおみやげ品って感じなのも、
今回のお土産プレゼントの中では逆に珍しいでしょ?

ゴディバ系の濃厚なミルクチョコレートのPEIチョコレートの詰め合わせ「赤毛のアンBOOKBOXアソート」に応募する

20110714_2175252
プリンス・エドワード島のタータンチェックを使った
手作りのネクタイ

シャーロットタウンの噴水が出ている通りの、
噴水の目の前にあるハンドクラフトショップでは、
店内に工房を構えて、スタッフが自ら「MADE IN PEI」を作るほか、
アイランダーのオクサマの手作りアイテムをそろえ、
店内全てプリンスエドワード島&ノバスコシアの100%アトランティックカナダショップ。

タータンチェックには意味があることをご存知?
それは家柄だったり、土地だったりを示すのだけれど、
このタータンチェックは「プリンス・エドワード島」を示すタータンチェックなの。
もちろん、作られたのもMADE IN PEIよ。

プリンス・エドワード島のタータンチェックを使った手作りのネクタイに応募する

20110714_2175253
ロブスターの爪型キュートな手袋!
大人と子どもロブスターよう。

PEIでは冬が長いの。積雪量はたいした事がなくても、
湿度の低いPEIでは風が吹き込む所に雪がたまって、
2階から出入りしてしまわないといけなくなるほど。
だから長い冬を楽しく過ごすのはアイランダーの知恵ね。

このロブスターのミトンはアイランダーのママの手作り。
ママひとりひとりのアイデアだから、
ママがこのデザインに飽きたらきっと二度と作らないわよ。
お店で見つけたのもこの一組だけだったわ。

最初に宿泊したB&Bのママが言っていたけれど
「ふつう、手作りでは同じデザインを何個も作らないでしょ?」
確かにそうね!

PEIのハンドクラフトショップから、ロブスターの爪型キュートな手袋!大人と子どもロブスターよう。に応募する

20110714_2175254
超あったかい手編みソックス

プレゼント名が「ロブスターソックス」って書いてあるけど大間違いよ!
予測変換に甘えて大失敗してるわ。。
コピペもなく、1つ1つ手作りしているママたちを見習わなくちゃだわ。。

このソックスは手編みなだけじゃなく、
外側の小さなハート1つ1つが内側でモッコモコになっているの!

いま、日本は暑くてこの心地良さを想像できないでしょうけど、
あと半年後にはこの靴下に応募しなかったあなたの残念な顔だけは
想像できるわ。

内側のモコモコにご注目!超あったかい手編みロブスターソックス。 に応募する

20110714_2175255
島の人手作りの、赤毛のアンぬいぐるみ

今回のこのお土産プレゼント企画、「おねだりする」という機能があったのだけど、
赤毛のアンのぬいぐるみはいちばん「おねだり」が多かったのに
応募が少ない不思議なアイテムよ!
あたし的には、今回のお土産プレゼントの中での目玉の一つだと思っているんだけど。

これも、先ほどと同じハンドクラフトショップで見つけたママの手作りのアン人形。

オフィシャルのお土産ショップのものではなくて、
なぜこっちのアン人形に下かと言うと、MADE IN PEIにこだわりたかったから。

この島に来れた「ありがとう」を少しでも島に返還したくて。

お顔も丁寧に手描きされていて、「コツを掴んで持たないと、取っ手がとれてしまうバッグ」もきちんと付いているわ。

正真正銘、1つしかない「カインドオブワン」よ。

島の人手作りの、赤毛のアンぬいぐるみ。 に応募する

20110714_2175256
ノースラスティコからマリンなトートバック

20110702_2159984

「ハッピーカナダデイ!」なノースラスティコのお土産屋さんで購入よ。
もう、典型的なお土産品。由来も「MADE IN PEI」もないわ!
かわいいから、買ったの!
自分の分も買えば良かったわ~……

ラテン系の血が残るノースラスティコからマリンなトートバック。 に応募する

20110714_2175257
ロブスター君の貯金箱

これも同じく、ナースラスティコから。

今だから打ち明けるわ。
これ、あまりにもロブスターに見えなさすぎて「いやげもの」感覚で買ったの。
だけど旅を続けてパッキングするたび、この子と目が合って、
見れば見るほど可愛いような気になっていくの。。
今ではなんで自分の分を買わなかったのか後悔しているほどよ……

あえてツヤなしノロブスターくんを選んだのは
我ながらグジョブだったと思っているの。

ロブスター君の貯金箱 。 に応募する

20110714_2175258
ちょいブラックなロブスター君ハガキ「ボブ!? そこは水なのか?!」

20110714_2175259
ちょいブラックなロブスター君ハガキ「腕利きCSI」

20110714_2175260
ちょいブラックなロブスター君ハガキ「あ、もしもしラリー? ごめん、ちょっと遅刻するかも」

20110714_2175261
ちょいブラックなロブスター君ハガキ「鼻の心配どころじゃねーぞ?」

20110714_2175262

ちょいブラックなロブスター君ハガキ「わたしはバカです」

……そんなあたしの「ロブスター、かわいいかも!」熱が暴走した
ロブスターポストカードのバラでのエントリーよ。

べつに1枚ずつあげたかったわけじゃないんだけど、
一枚ずつ見せたくて別々にエントリーしてしまったわ。

結果的にこの企画では最も人気のないアイテムになってしまったけれど、
全アイテムに応募できるから、私も責任もって応募するわ!

だって自分が欲しくて全て「お土産プレゼント」にしているんだもの!

20110714_2175263
赤毛のアンandモンゴメリ著作、
書籍初版装丁コレクションポストカードセット

こっちは応募があって一安心よ。
こちらはグリーンゲイブルズのお土産屋さんで購入した、
モンゴメリの著書、初版本装丁ポストカード集よ。

モンゴメリは最先端ファッションをいつも身に付ける
とってもオシャレな人だったの。
「赤毛のアン」は少女小説と思っている人が多いけれど、
最初はそのつもりじゃなかったのよ。

また、赤毛のアン出版から100年を越えた今、
ふたたび見直されているそうなの。

数々の著書はもちろんのこと、
新しいもの好きだったモンゴメリの残した沢山の詩集や写真、
スクラップブックや日記、そして友達に当てた手紙から
当時の暮らしを読み取ることができる貴重な歴史のヒントになっているそうなの。

書籍のデザインだって、あなたのクリエイティビティをきっと刺激するわ。

赤毛のアンandモンゴメリ著作、書籍初版装丁コレクションポストカードセット 。 に応募する

20110714_2175264
プリンス・エドワード島の赤い砂

20110704_2162293

“輝く湖水”のモデルになった湖のほとりに経つ、「グリーンゲイブルズ博物館」で買った、赤い砂よ。
このグリーンゲイブルズ博物館はモンゴメリが
どうしても手放したくなかった思い出の館なの。

ここへ行くまでの道のりで、大きな峠を越えて、
海と一緒にこの大きな納屋が見える場所があるのだけれど、
馬車に乗りながらこの風景を眺める瞬間を
モンゴメリはとても楽しみにしていたんですって。

それはもう、遊園地に行くとき見たいに。

“輝く湖水”と空と海と、そしてこの真っ赤な道。
本当に美しかったわ。

プリンス・エドワード島の赤い砂 。 に応募する

20110714_2175265
ピンクのダリアの折りたたみ傘

20110708_2167769

プリンス・エドワード島の滞在最終日に、
花屋さんに駆け込んで買ったわ。

前夜、シャーロットタウンを惜しみながら、
散歩をしている時に見つけたの!

ショウウィンドウから離れられなかったわ。
今もこの写真を見ると美しくて、愛おしくて、胸が張り裂けそうよ。

この傘、確かに「折り畳み傘」なんだけど、とっても大きいわ!

射すと私の両手をいっぱい広げたくらいの大きさになるから
150cmくらいあるんじゃないかしら。

……また、大げさに言い過ぎていたらごめんなさい。

けれどとにかく、いざって時にしか登場しないような使い方はもったいない、
ってことだけは保証するわ!

PEIの花屋さんでディスプレイに使われていた、ピンクのダリアの折りたたみ傘(私も色違い買っちゃった) 。 に応募する

20110714_2175266
乾燥肌に効くと評判のゴート(やぎ)の
フレッシュミルク石鹸、3個パック。

20110708_2167762

最終日に立ち寄ったスーパーで購入したわ。
ヤギの乳を使った石けんはいろいろなお土産屋さんで目にしたのだけれど、
形は可愛いけれど、コスパ的に使うのがもったいないと
思わされてしまって手が出なかったの。

もちろん、プレゼントなんだから、手に入れたものをその人がどうするかは自由よ。
6ドルの石けんだって、ちゃんと使ってくれるかもしれないわ。
(でも石けん1ピースが6ドルよ!)

せっかく暮らすように旅してきたのだから(あたしは、そのつもり)
日本でも暮らしの中で使えるお土産にしたかったの。

その中で、カナダの乾燥した気候の中でみんなが愛用しているというブランドがこれ。

中でも石けんが人気らしいから、たっぷり使える3こパックにしたわ。

このころにはあたしも学習して、自分用を買ったの!
今、毎日使っているけれど、確かにしっとり。
泡切れが良いのもポイントだわ。

ミルキーな中にジンジャーのようなスパイシーな香りがするの。
このフレーバーは日本ではやってみようって思わないでしょうね。
うちでは「外国の香り」って呼んでるのよ。

乾燥肌に効くと評判のゴート(やぎ)のフレッシュミルク石鹸、3個パック。 に応募する

20110714_2175267
ヤギのフレッシュボディウオッシュ

同じく、ゴートミルクから、ボディウィッシュ派のために。

ご注意:
この子、どうしてもキャップの締まりがわるくて中身が漏れてしまうの。。
全部出てしまうことはないけれど、ぬるぬるになってしまうので、
ジップロック入れてお届けするわ。
カナディアンの日用品と思って容認してあげて。

カナダの乾燥しやすい気候から生まれた、ヤギのフレッシュボディウオッシュ 。 に応募する

20110714_2175268
ミルク缶型ヤギミルクの泡風呂パウダー、お匙つき

「ゴートミルク、フォーミングバスパウダー」って書いてあるから、
ブックブクの泡風呂になる事を期待していたわ!

だから、あたしも1つ自分用に買ったの。

さっそく、トロントのお風呂で使ってみたわ。

それはもう、バッサバさに投入してよ。
でも、あれ???
あんまり泡立たなかったわ。

あ、そういえばお湯を入れる前に粉を入れるのを忘れてたわ!
明らかにそのせいじゃない!?

今夜試してみるわ!!

ミルク缶型ヤギミルクの泡風呂パウダー、お匙つき。 に応募する

20110714_2175269
シャーロットタウンの工房で
おばちゃんが手作りしたシルバーのピアス

今回のお土産の中で2番目に高額なプレゼントよ。
大切な日に着けて欲しいから、少し奮発したわ。

PEIでは今、波に洗われてつるんとまるくなった
石のアクセサリーが流行っていたのだけれど、
これはちょっと大味なデザインで「お土産」には良いけれど
あたしからの「プレゼント」にはちょっと難しいと感じたの。

でも、
ちょっと気分のいい日につける、
ちょっと気分のいいPEIのアクセサリーが欲しくて、
シャーロットタウン中を走り回ったわ!(ホントよ)

その中で、上品だけど素朴で、作り手の顔が確認できる
かわいいピアスをやっと見つけたの。

シャーロットタウンの工房でおばちゃんが手作りしたシルバーのピアス 。 に応募する

20110714_2175271
シャーロットタウンの工房でおばちゃんが手作りした
シルバーと石のペンダント

これが、今回のあたしからのお土産プレゼントの中で、いちばんの高額商品よ。

ちょっと田舎臭くて、そこがとっても愛らしくて。
日常使いからフォーマルなワンピースまで、胸元をポッと照らしてくれる、
そんなペンダントだと思っているわ。

シャーロットタウンの工房でおばちゃんが手作りしたシルバーと石のペンダント。 に応募する

20110714_2175273
PEIギフトおまけ編1、iPhone3G&3GSカバー、
ホワイトペイズリー

20110714_2175277
PEIギフトおまけ編3、iPhone3G&3GSカバー、
グリーンペイズリー

20110714_2175275
PEIギフトおまけ編2、iPhone3G&3GSカバー、
グリーン(コヤナギも買った)

20110708_2167770

この3つはホントにオマケみたいなものよ。
アタシ流のちょっとしたシャレなの。

購入したお店は写真のギフトショップで、アイランダーたちがちょっと良いものをお買い物に行くショッピングモールにあるの。
ここは、確かにMADE IN PEIなお土産アイテムもあるけど、
from PEI というより for PEIなギフトショップ。

アイランダーからアイランダーへ、
ちょっと気の利いたプレゼントを買いに来るようなお店なんですって。

それまで、血眼になって「MADE IN PEI」を探しまわっていたあたしは
ハッと目が覚めたような気分になったわ。

暮らすように過ごすつもりでいたのに、
すっかりよそ者目線で居たじゃないって!

今回のこの旅のために、iPhone3GSのお古をもらったの。
(実はスマートフォンを持ってないのよ!)
SIMを入れずにiPodとして使っているのだけど、
機種が古くてカワイイケースを探すのに苦労したわ。

せっかく見つけたカワイイケースもこの旅の間にすっかりボロボロに。
だから、アイランダーからのちょっとしたプレゼントって気分で、
「そこで見つけたから」iPhoneの3GSケースを買ったのよ。

20110714_2175272
ハンドクラフトの店より、手作りゴートのぬいぐるみ

20110708_2167771

このお店でこの子を見つけた時、
あまりの可愛さに息が「ヒュッ!」となったわ。

コーデュロイの優しい手触りに、身長は意外と大きめ23センチくらい。
クタクタすぎず、パンパンすぎない綿のツメっぷり。

顔もすべて刺繍なので、尖ったり堅い所がないため、
赤ちゃん用のぬいぐるみにもきっとぴったり。

きっと型紙なんかも用意されてないんでしょうけど、
胸にハートの着いた白い子ヤギちゃんは彼女だけだったわ。

あたし、コヤナギだけに子ヤギにはちょっと関心が向いてしまうの。

シャーロットタウンに去年できたばかりでガイドブックに載っていないハンドクラフトの店より、手作りゴートのぬいぐるみ。 に応募する

以上で私からのお土産プレゼントは終了よ。

そう、PEIで買ったものだけで終わりにしようと思っていたの。
トロントへ立ち寄るのはPEIとの差を感じてもらうための
オマケみたいなものだって聞いていたし。

でも、でも。
トロントもホントにステキな所だったわ。

突然だけどあたし、ニューヨークがとっても好きなの。
初めて行った外国だからっていうのもあるけれど、
いろいろな人種の人がいて、エネルギッシュで、前向きで、
あの街に居るだけで励まされるわ。

中でもイーストヴィレッヂやミートパッキングエリア、
ブルックリンのベッドフォードアベニューなんかがお気に入り。

異文化が絡まり合って、新しい何かを生み出そうって言う“熱”を感じるの。

その“熱”を感じるために、私は何度でもニューヨークへ行って、
その場所を探すのよ。
“熱”はいつも同じ場所から出ているとは限らないからね。

でもトロントでは、
その“熱”を至る所で感じたわ!

それはもう探さなくったって、街中が熱気に満ちているって言っても過言じゃないわ。
あたしが街を好きになる要素がそこかしこに
当り前の顔をしてあるんだもの、驚いちゃった!

だから、
どうしても、トロントのお土産を1つ追加したくなってしまったの。

お土産プレゼントのルールは破ってしまうけど、
でも、リアルなカナダを伝えるためにどうしてもはずせないわ。

20110714_2175424
トロントのセントローレンスマーケットから、
カインドオブワンなブローチ

20110712_2173507

やっぱりこの出会いはあなたと共有したいの!
セントローレンスマーケットでのこの喜びは、やっぱり届けたいわ。

上の写真でオバサマの隣のパネルの中に左上にぽっこりと
開いている部分があるでしょう?
そこにあったのがまさにこの水色のブローチよ。

昨日の手紙の中でもこの出会いについては書いたけれど、
まさにこの水色のブローチが私の足を止めたわ。

だから、このブローチはいつもあたしの話を聞いてくれた
あなたに、あげたいと思ったのよ。

追加のお土産プレゼント:トロントのセントローレンスマーケットから、カインドオブワンなブローチ 。 に応募する

あたしの手紙も、とうとう次で最後だわ。
夢のような毎日から覚めてしまうのが、
すばらしい旅の唯一の欠点ね。

カナダの青空を想って、愛を込めて。
いつものデスクから、コヤナギユウより。

PS
あたし以外のカナダに魅せられた旅人からのプレゼントも
ぜひ応募してみてね。かなり当選確率高いと思うの!
何のリスクもないのに、ラッキーを期待できる事なんて、そうそうないわ。

応募は
2011年7月31日までよ!!

20110714_2175292

Love letter from カナダ INDEX

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

あったー!これで私のリアルタイムカナダは終了です!日記は引き続き。#realcanada  http://bit.ly/realcanada http://twitpic.com/5nhkuu

posted at 20:13:55

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

もうすぐリムジンバスなんだが…

posted at 20:03:44

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

スカンジナビア航空のスッチーのくびれ方が全員すごい。

posted at 19:39:20

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

@jetdaisuke 節電ビビりました…

posted at 19:16:07

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

しかーし!機内に超大事なもの忘れたよ!ハラハラ…

posted at 19:15:42

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ただいま、東京。#realcanada http://bit.ly/realcanada http://twitpic.com/5ngu91

posted at 19:15:02

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

んじゃ、今からそっち行くわー。

posted at 05:06:19

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

あともうちょいなのに日記が書き上げられなかった!自分で書いてて涙ぐむ、PEI旅立ち編お楽しみに。#realcanada  http://bit.ly/realcanada

posted at 04:57:31

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

@jetdaisuke 「そっち側の人」になっちゃいます~w 日本、暑そうですね。。

posted at 04:57:31

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

荷物が重くて免税店見る気にもなれないし、ティムホートンでも飲むわ~ #realcanada http://bit.ly/realcanada

posted at 03:18:04

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ピザにした。#realcanada  http://bit.ly/realcanada http://twitpic.com/5n2zl0

posted at 02:06:23

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

飛行機が2時間も遅れちゃった。カナダ時間のボーナスをGET。なんか食べよーっと。#realcanada http://bit.ly/realcanadahttp://twitpic.com/5n2sk1

posted at 01:52:40

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

トロント空港なう。自分史上最高に荷物多い!ついついお値打ち品を探しちゃったからなぁ。重量制限がシムパイ。#realcanadahttp://bit.ly/realcanada http://twitpic.com/5n1wpd

posted at 00:52:07

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

あ、しゃーせん。ここのコスコはオープンが遅いので、検証企画は中止にします!#realcanada http://bit.ly/realcanada http://twitpic.com/5mzulr

posted at 22:36:09

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

検証!カナダのコストコは日本と違うのか? ちなみにTは発音せず「コスコ」と呼ぶそうです。#realcanada http://bit.ly/realcanada

posted at 22:28:36

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

そんなのあるんすか!誰かー!! RT @Cafeterasu 大橋巨泉ショップのお菓子”@KoyanagiYu: どなたか!私は今日、帰国で… RT @manngoomotya|ブロガーたちがカナダ土産を購入中! http://realcanada.jp/

posted at 22:25:52

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

保証、確かでした。RT @minatomo PEIとは違う楽しさがあるはずですから、楽しんでくださいね!PEIには行ったことがありませんがトロントは過去7回行ったことのある私が保証します(笑)?お写真楽しみにしています~。#realcanada

posted at 21:39:46

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

どなたか!私は今日、帰国で… RT @manngoomotya 【おねだりしたいお土産を書いてください】 @KoyanagiYu |ブロガーたちがカナダ土産を購入中! http://realcanada.jp/ ムートンのスリッパ Lサイズ

posted at 21:34:40

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

今日は朝ごはんはシリアルで。とにかく眠い。お昼には日本に向けてフライトです。実感なし。#realcanada http://bit.ly/realcanadahttp://twitpic.com/5myxiz

posted at 21:30:10

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ここのホテルはデザインホテルなので、内装はもちろん、スタッフが美男美女しか居ません。しかもフレンドリー。#realcanadahttp://twitpic.com/5myv2h

posted at 21:25:01

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

朝ごはんの風景。#realcanada http://bit.ly/realcanada http://twitpic.com/5myslf

posted at 21:19:52

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

おはようございます。トロントは今朝の7時30分。カナダ滞在最後のデスク。今日の昼に帰ります。#realcanada http://bit.ly/realcanada

posted at 20:32:15

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Love letter from カナダ index
0通目:コヤナギ、6/30から毎日書きます。あなたのいない、一人旅でっす~♪
0.5通目:準備編『足りないくらいでちょうど良い。旅は「不便」を愉しむもの』
1通目:計16時間の空の旅。カナダはプリンス・エドワード島に着きました
2通目:ハッピー・カナダデイ! PEI時間がカラダに浸透してきたみたい
3通目:グリーンゲイブルズで赤毛のアンになってきたよ。
4通目:モンゴメリの生家と、彼女が愛した家族を訪ねて。
5通目:ロイヤルカップルとマックロブスターと牛の搾乳
6通目:プリンス・エドワード島最後の夜。トラクターを運転してハネムーンスイートに泊まったよ
7通目:私の長靴は、もうすっかりプリンス・エドワード島の赤土で真っ赤なのよ!
8通目:大切な一日だもの! トロントを代表する“あのコ”に会いに行ったわ
9通目:さよなら、カナダ。お土産プレゼントをまとめたよ。トロント土産を追加しちゃった。
10通目:プリンス・エドワード島とトロントを訪れて。カナダは「幸せな世界」の未来。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう 出雲縁結び旅 女ひとり草津温泉ぶらり旅 参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町 水と土の芸術祭2012 新潟 世界パンダ大使への道 Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島