2015
12.06
IMG_8615

サンデーモーニングはハーレムの協会でゴスペルを聴こう!

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!, TRIP


この日は日曜日。

行きたいところがある。

 

グランドセントラルでSラインに乗る。

 

到着したのは、ハーレムの教会。

日曜日のゴスペルを聴きに来たのだ。

 

ゴスペルとは、黒人教会で生まれた宗教音楽で、主に聖書になぞられて解釈した歌詞を故郷アフリカの伝統を反映させたメロディに乗せて、ひとりひとりの人生と照らし合わせ全身全霊で表現するというもの。

そう、ショーではなく、きちんとした宗教活動、つまり、信者のための催し物なのだ。

教会は誰にでも開かれている場所ではあるけれど、ゴスペルの見学はどこでも行われているわけではないので事前にチェックしよう。

(ちなみに、有料ツアーなんかもあるけど、そんなの参加しなくても大丈夫だよ)

今回、我々が訪れたのはグレーター・レフュージ・テンプル教会。

 

PC070162

 

10年前、元劇場を改装した「タイムズスクエア教会」に参列させてもらったことがある。

元劇場だけあって、賛美歌の歌詞がモニターに映し出され、内装も豪華ですばらしい体験だった。

 

でも、だからこそ、もっと「ローカル」なゴスペルも聴いてみたいと思っていたんだ。

 

グレーター・レフュージ・テンプル教会は2階の広報石が観光客用で、館内は撮影禁止。

週に一度の大切な日に、みんなきちんとオシャレしてきてた。

 

ゴスペルはお説教やスピーチから始まり、やがて響き合うように、その叫びが歌になっていく。

たくさんの感謝と、たくさんの愛を叫ぶ。

 

観光客のわたしたちだって、ただの観客じゃない。

そのあいだ、一緒に立ってカラダを揺らし、歌えないながら、声を合わせる。

一緒に祈らせてもらえる一体感が、嬉しくて、幸せで、言葉や環境や習慣や宗教などで、すっかりわかり合うことは出来なくても、願うことは一緒なんだ、という一体感が味わえる。

 

 

🎶🙏🎶❤️

THE TRAVEL STOREさん(@the_travel_store_brasil)が投稿した写真 –

Speaking the truth!!! Amen!! Married to the Maker!!

Troy Weekesさん(@troyweekesmusic)が投稿した動画 –

#sundeymorninggospel

Nicola Vitaliさん(@daidlamaletta)が投稿した動画 –


t-P1000991

 

出てくるころにはとても勇気づけられたような気持ちだった。

たくさんの善意がその力をいつも、発揮出来ますように。

この旅の記事を全部見る

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう 出雲縁結び旅 女ひとり草津温泉ぶらり旅 参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町 水と土の芸術祭2012 新潟 世界パンダ大使への道 Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島