2016
06.04
P1010309

ウィリアムズバーグからダンボまでは歩けません!? ブルックリンは広かった

ETC, SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!, TRIP


P1010296

 

 

ウィリアムズバーグで昼食を済ませたあと、夕焼けをブルックリン橋で眺めたい、ということ以外何も決まっていなかった。

ブルックリン橋があるのは「ダンボ」というエリア。

地下鉄で移動したくても、直通の路線がないのだ。

もしかしたら、バスならあるのかもしれないけれど分からない。

 

 

マンハッタンほどではないけれど、ブルックリンの道も碁盤の目に整理されていて分かりやすい。

 

ウィリアムズバーグの果てにある、ユダヤ人街も気になったし、予定もないし。

歩いてみることにした。

P1010309

(「すれ違う二人」のいい写真が撮れた。向こうに見えるのはウィリアムズバーグ橋)

 

しばらく歩くと……同じ格好をした男性をたくさん見返るようになる。

 

黒いロングコートに黒いシルクハット。

もじゃもじゃのヒゲに、タテロールの……もみあげ!

 

とても特徴的だけど、とてもコミカルといった言葉は似合わない厳粛な空気が流れている。

看板は見たことのない文字で、建物の色も独特の重み。

街全体から流れる厳粛な空気にカメラが向けられなかったけれど、触れたことのない空気は刺激的だった。

 

いま調べてみると、観光客向けのツアーもあるみたいで、それならけっこうオープンで写真も撮れるようだから機会があれば今度参加してみたいと思った。

 

New York City Jewish Hassidic Walking Tour Tours of Brooklyn

 

「黒以外のいろんな色の服、着たいと思ったりしないんですか?」と質問。

「……(思うわけないじゃん、といった感じで)思わないよ。だってこれ、われわれにとってのユニフォームだからさ」いよいよ「ユダヤ人ツアー」に参加!

 

英語が堪能な友だちとせひ!

P1010311

(撮った写真を確認して、にやけているサユリちゃん

そのまま歩くとすっかり人気はなくなり。

街灯も少なく夜は治安が怪しい道に。

でも、そういうところに風土が現れていたりいて写真を撮るのは楽しい。

P1010314

……と、そんな悠長なことを言っていられたのは最初の40分くらいなもので。それ以降は平たくいうと「後悔」がおそってくる。最寄り駅なんてないし、タクシーだって走ってないし、カフェやコンビニ、自動販売機だって見当たらない。リタイヤの選択はここにはないのだ。歩け、歩くんだジョー!

 

なんて。

 

それでも、たまにステキなグラフィティが現れて、励ましてくれる。

 

P1010315

「YOU GO」って!

どんどん暮れていく太陽に、気持ちが焦る。

やばい、このままじゃダンボについたころには真っ暗じゃないだろか。ニューヨークは、21才のとき、23才のとき、27才のときと今回で4回目。だけど、ブルックリン橋は渡ったことがないのだ。なんとか……夕陽に暮れなずむブルックリンブリッヂを体験したい!

P1010312

 

富士登山の時も思いましたが、歩いていればいずれ着くのです。

つきました!

ダンボ!

 

P1010318

 

おしゃれっぽい人とおしゃれっぽいお店がいっぱいあるけれど、この辺の紹介はBRUTUSあたりにおまかせして、わたしたちはブルックリン橋を目指します。

P1010319

 

でもゆっくり見れば見るほど発見がいっぱいある街なんだろうなぁと思ったよ。

次は、ゆっくり。

 

いやー、しかし歩きすぎて身長縮んだかと思った。

この旅の記事を全部見る

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町

水と土の芸術祭2012 新潟

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島