2015
12.06
P1010163

ニューヨークもスーパーマーケットがおもしろい! 「Urban Market」に行ってきた

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!, TRIP


実は、どこよりも地元色が出ているのは、地元住民が使うスーパーマーケットだと思う。

そこに暮らしている人が、毎日使える価格帯で、毎日使いたいものが置いてあるから。

つまり、その地域の「普通」や「考え方」がよく表現されている、というもの。

今回はニューヨーク滞在で一番長くいる、クイーンズは「ロングアイランドシティ」のスーパーマーケットへ行ったよ。

ニューヨークと言えば、なにがなんでもマンハッタン!

流行のブルックリンはダンボエリアならいいとして、クイーンズなんて治安の悪い倉庫街でしょ、なんてことはもう昔の話!

都会的な高層マンションの建設ラッシュで、優雅にマンハッタンの夜景を楽しめるのはいまやクイーンズの方で(それは追々掲載するとして)、そんな暮らしが、スーパーマーケットにもよく出てた。

今回は「Urban Market」というところに行ってきたよ!

 

P1010155

 

とにかく品揃えの豊かさは圧巻!

パスタ、ドレッシング、チーズ、そのすべてが安価なものから意識高いものまで選べる!

でも総じて、デザインが良いものが選ばれているような?

 

たとえばこれ、冷凍ケースなんですけど。

P1010157 P1010159 P1010160 P1010162

 

やたらオシャレなアイスクリームがズラリ!

冬ですよ?

 

そしてヨーグルトもおいしいのが選びたい放題で、帰国してきて日本に一番最初にへこんだのは、ヨーグルトの品揃えの少なさだもんね。

 

P1010163

siggisはアイスランド伝統の乳製品で、書籍「ICELAND NOTE」の発売記念パーティでも振る舞った。日本では並行輸入じゃないと食べれない。。ああ。。

 

お野菜や果物も圧巻の陳列ながら、鮮度も悪くないし、値段も妥当。

P1010164

P1010165

P1010166

こんなにきちきちに詰まった葉物の陳列初めて見たけど。

 

嬉しくなって買って帰って、さっそく宿のキッチンで調理。

といっても、ラザニアやポテトはデリで、サラダと朝食つくったくらいだけど。

 

P1010168

P1010169

 

旅先で少しだけでも、自分で調理すると、「暮らしてる」って感覚に近づけるよね。

そして、やっぱりいつか、少しはニューヨークで暮らしてみたいやって思いました。

カナダには絶対住みたい。

 

 

朝ご飯作ったよ。

Yu Koyanagiさん(@koyanagiyu)が投稿した写真 –

この旅の記事を全部見る

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう 出雲縁結び旅 女ひとり草津温泉ぶらり旅 参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町 水と土の芸術祭2012 新潟 世界パンダ大使への道 Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島