2014
06.16
20140615_1218456

沖縄・八重山諸島は、青が特別な色になる旅でした。【あとがき】

TRIP, 沖縄・離島 青が特別な色になる旅


 

実はあまり観光旅行をしたことがない、コヤナギユウです。
沖縄・離島 青が特別な色になる旅」、このレポートの表紙はこちらです。

全25回の大作となった、沖縄八重山諸島の旅レポートもこれで終了です。

まとめ動画をつくり、あとがきとおまけのオフショットを掲載します。
【あとがき】

最近すっかり旅レポートが定番化してる一方,執筆期間が長くなり過ぎて「いつもどこかへ言っている人」というイメージがつきました。
実際はこの沖縄・八重山諸島の旅だって、4泊5日です。

カナダなどの取材旅行がおよそ一週間~10日なので、それに比べたらなんて短い!

特に今回の沖縄レポートは全く誰にも頼まれていないので、「サクッと書く」練習をしようと思ってました。

カナダレポートなどはいつも熱がこもり過ぎ、1日の行程を紹介するブログ記事の文字量は5000を越え、掲載写真もたった1記事なのに100枚近くになってしまいます。

そんなだから1記事書くのに5時間近くかかってしまい、まあ大変なこと。

もっと、こう、「ブロガー」らしくサクッと書きたい、書いてみたい。

そんなつもりで「1日」単位ではなく、行った場所に依存する「1カ所」単位で記事を書く作戦にしました。
記事の内容も情景描写はバッサリカットして、概要と感想のみのシンプルな「ブロガー」みたいな記事を書こうと。

そう思っていたんです。

でも書きはじめるとそうはいきませんでした。

情景描写はカットしてるのに、伝えたいことが多過ぎる。
そう感じ取ったことが、感動が大きすぎたのです。

たった数日の八重山諸島滞在から、翌日にはすぐに“社会復帰”して働いてました。
深夜まで作業し、息抜きのつもりでブログを書き始めます。

どんなにあっさり書こうと思っても、2時間はかかってしまいます。

でも、楽しい。

日常生活に埋もれてすっかり忘れていた、あの南国の日々の想いがブログを通して沸き立ちます。

文字を紡ぐことで私の量子は波照間島へ飛んでいくのです。

だからかもしれません。
このブログを書き上げるのに結局3ヶ月もかかってしまったのは、本当の意味での旅を終えたくなったのかもしれません。

八重山諸島ブログの冒頭でも書いた通り、南国には苦手意識がありました。
特に沖縄に関しては、「なんくるないさ~」な雰囲気になんとなく相容れないものを感じていました。
でもそれは、本当にちっぽけなものでした。
好きな女の子をいじめてしまう男の子くらい、不器用で、こじらせ、そしてぬぐいされない憧れだったのだと思いました。

ほんの短い間の、純粋な観光客としての滞在でしたが、観光客として訪れたことで頑張らずに楽しむことができました。
八重山諸島は豊かな島々でした。

奇跡的な晴れ間が続き、旅程はふみちゃんによって完璧に、ムダなく組まれ、何一つ不満のない、すばらしい旅でした。
けれど、「八重」というくらいですから、約8島はある島々ですが、今回私が訪れたのはまだ4島です。
私がこのブログで八重山諸島を語るのは、まだまだ早過ぎると思います。

それでも、私の体験が、少しでも“おすそわけ”出来たらと思ってやみません。

私に新しい「青」の価値観を与えてくれた八重山諸島に、渾身の感謝を。
そして、私の“幽体離脱”を、一緒に楽しんでくれたあなたにも、ありがとうを。

コヤナギユウ
2014.06.16
福岡県・上毛町/雁股庵より

 

20140615_1218449

20140615_1218451

20140615_1218450

20140615_1218447

20140615_1218455
20140615_1218456

20140615_1218452

〈おわり〉

沖縄・八重山諸島、「青」が特別な色になる旅に行ってきた! INDEX

Comments

comments


この記事を書いた人

prof

コヤナギユウ

デザイナー、イラストレーター、エディター。
yours-store代表、東京ナイロンガールズ編集長。このブログの管理者

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


冬こそチェコへ行こう!

ニュージーランドでオーロラハント(仮)

SIX DAYS NEW YORK HOLIDAYS!

みえ旅

奄美大島・加計呂麻島 女もつらいわ

イエローナイフに行く理由

沖縄・離島 青が特別な色になる旅

カナダでオーロラハント

桜前線を追いかけて石巻で桜を見よう

出雲縁結び旅

女ひとり草津温泉ぶらり旅

参加できる田舎暮らし、こうげまち 上毛町

水と土の芸術祭2012 新潟

世界パンダ大使への道

Love letter from 赤毛のアン カナダ プリンスエドワード島